軽井沢

2012年8月10日 (金)

TSURUYA (つるや)軽井沢店

069

 8月4~6日で軽井沢に出掛けてきました。
 格安!種類が豊富!!なTSURUYAオリジナル。
 お土産を購入するのにもってこいのTSURUYA軽井沢店なのだけど、出掛けたいけど駐車場や周辺の道路の混雑を考えると行きたくない気持ちも。。。
 とにかく複雑。

 でも意を決して6日(月)に出掛けてきました。

 朝一で出掛けることを決め、まずオープン時間をネットでチェック!
 この季節、開店は普段より早くて9時なんですね。
 旧軽井沢を8時45分頃に出発して、TSURUYAさんに到着したのは9時10分ぐらいだったかしら。
 中軽井沢側の入口をついスルーしちゃったくらい、駐車場はガラガラ。
 店舗の入口にほど近いよい場所をゲット!!
 店内も混雑はなく、お土産をじっくり選んで40分ぐらいはいたかしら。
 レジも1人2人待ちぐらいでストレスなく通過することができました。

 でも~
 買い物を終えて駐車場に出てきたらすでに写真の通りの混雑ぶり。
 10時頃でこの状態ですよ(>_<)
 夏休み時期とは言えまだお盆でもなく、平日でこのありさま。

 駐車場を出ようと出口に向かったはいいけれど、入ってきた車が右往左往していてコワイコワイ。
 周囲を見ているんだか見てないんだか。
 入出庫をコントロールしているガードマンさんがあやわ轢かれそうになっていて心臓に悪かったです(@_@)

 混んでても大丈夫な方はいいかもしれないけれど、私のようにくたびれるのが辛い方には朝一か閉店間際の利用をオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

【軽井沢・旧軽井沢】そば処 桑風庵 軽井沢店

156
157 
 
 

 旧軽井沢銀座を歩き、つるや旅館を過ぎた右手。
 ほとんどつきあたりにあるそば処桑風庵

 碓氷峠に向かう車の中で舌の肥えた叔父が、
 「めずらしく開いてるね。一度食べてけっこう美味しい蕎麦屋なんだけど開いている日にあたらないんだよ。」と。
 幻の蕎麦?!で車内は大盛り上がり。
 ・・・と言う訳で、気持ちを大きく膨らませながら神社詣での後で立ち寄ることになりました。

 入口には『営業日 火・水・木』の下に小さく”予定”の文字(笑)
 『営業時間11時~14時半ごろ(そばが売り切れ次第終了いたします)』と。
 強気と言いますかアバウトと言いますか。。。
 やっぱり幻の蕎麦・・・のようです(^^)

 そして12歳以下のお子様お断り。ただし静かにしていられる子はOKだそうです^^;

151

 お店に入ると、メインの部屋ではなくレジの右側にある6畳ほどの部屋に通されました。
 席に着くとメニューの説明。
 こちらのお蕎麦、注文が面白いんです。
 普通は一人前、二人前・・・と注文するスタイルだと思うのだけど、なんと五合、七合、一升の注文。
 特別お腹が空いてなかった女性3人で五合(二人前)の注文。
 お店の方に、「えっ?三人で五合ですか?」
 と聞かれ「お腹が空いてないので」と返したところ
 「お腹が空いてない・・・」と小声で言われたのがちょっと気に障った私。
 それだけ自信をもって出している。。。ということ。
 お店にとっては嫌な客だったかもしれませんね^^;

154152

 蕎麦は少し平べったく蕎麦がらが入るスタイルだけどのどごしつるり。ザラザラ感は感じません。
 コシもあって「食べた~っ!」って感じられる美味しいそば。
 帰ってきてから調べてみたら、蕎麦の実をそのまま臼挽きしているのではなく後からカラを入れているためだとか。

 水切りが弱いのか、ざるの端から水が滴り落ちてたのは残念だったかな。
 ・・・の割には蕎麦がベチャベチャとしてないのは蕎麦が良いからなのでしょうね^^;

148

 私は普通にそば汁でいただいたのだけど、つけ汁として鴨汁(温)、梅おろし汁(冷)、おろし汁(冷)、とろろ汁(冷)もあり。
 写真はとろろ汁。
 そばととろろがマッチして、なかなか美味しかったそうです♪

 私には蕎麦よりもそば汁の方が印象に残ったかな。
 本店が群馬だけあって関東の味濃い汁なのだけど、舌先にしょっぱさは感じず鼻に抜ける香りとダシの風味がほど良い美味しさ。
 蕎麦のつけ汁としては最近で一番心に残った風味です。

150

 天ぷらも食べたくて注文。
 天付そばもあったけれど、あえて別で小盛りを注文。
 それでも食べきれず、残りを男性陣に食べてもらいました。
 野菜中心の天ぷらはサクッと揚がって中はホクホク。
 とても美味でした♪

 私はそば通ではないのであれこれ比べることはできないけれど、蕎麦のコシとツヤ、そしてつけ汁にまた会いに来たい。。。そう思わせる蕎麦店 桑風庵です。

そば処 桑風庵 軽井沢店
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢688-1
TEL:0267-42-6313
OPEN:不定休 冬期休業あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

【軽井沢・信濃追分】CABOT COVE(キャボットコーヴ)

105
104

088
 職場のスタッフに「ぜひ行ってきてください!ここのパンケーキがとっても美味しいんです!!テラス席ならペットOKなんですよ~」と勧められたのがこちらブレックファースト&カフェCABOT COVE(キャボットコーヴ)。
 軽井沢からR18を小諸方面に走って浅間サンライン入口を左折。
 閑静な別荘地の中にありました。

 ブレックファーストと銘打っているだけあって、朝は6:30からのオープン。(11月~3月は7:00)
 私が訪れたのは真夏の繁忙期をちょっと過ぎた8月24日だったのだけど、8:30の時点でテラス席は満席。店内には空席がちらほらあるようでした。

 テラス席があまりにも空かないようなら店内でもいいかなーとは思ったのだけど、お店の方にペット同伴であることをお話したら「たぶんもう少しで空くと思うのでお待ちください」と言ってくださったので外のベンチで待つことに。
 10分もしないうちに名前を呼んでいただきました。

090091

 ラッキーなことに、通されたのは一番奥の端っこ。

092

 お水のサービスもいただいて、みるも私たちも落ち着くことができました。

095_2 ブルーベリーパンケーキがオススメ!と聞いてはいたのだけど、出掛ける前に食べログで口コミチェック。
 パンケーキだけでなくエッグベネディクトと本日のスープも人気のよう。

 予想どおり同行した妹と父親がブルーベリーパンケーキ、メイプルシロップ付き(サイドにソーセージパテかベーコンを選択)(1,000円)+ドリンク(400円)を選んだので、私はエッグベネディクト ホームフライドポテト付き(800円)+ドリンク(400円)と本日のスープを頼んでみました。

093094

 スープはカップ(400円)で。
 本日は『鶏と野菜の具だくさんスープ』。
 スプーンですくってみると、鶏肉、じゃがいも、にんじんはもちろん、この季節ならではの夏野菜がたぁ~っぷり♪
 夏とは言え、森の中で涼やかな空気の中のテラス席では少しひんやり。
 体も心もホッと温めてくれる一品です。

099

 こちらは私が頼んだエッグベネディクト。

100

 マフィンの上にふんわりと仕上げられた目玉焼き。
 チーズペーストですっかり隠されていてパッと見は解らなかったのだけど、切ってみたら今にもとろ~っと流れ落ちてきそうなぐらいの黄身が顔をのぞかせました。

 厚切りのハムをサンドしていただくものだったのかしら。
 私は別々にちょこっとずつ切り分けていただいてみました。
 チーズの風味と卵の味がよくからんで美味しく、ハムもしっかりとした塩味が付いていて風味良し。
 パンの下部分にレモンが塗られているのかな?
 口に入れると何やら酸っぱさを感じます。
 上にちょろっとのっていたルッコラ菜はいいアクセントになっていましたね(^^)

097

 パンケーキは1枚1枚それほど厚くはないのだけどふわふわなのにびっくり!
 そして3枚あればお腹いっぱいになるぐらいのボリューム。
 ブルーベリーの実を入れて焼かれたパンケーキのそれはそれは美味しいこと。
 パンケーキ好きにはたまらない味わいです。
 添えられたバターとメイプルシロップをたぁ~っぷりとかけて口に運ぶととっても幸せな気分になって思わずにっこり(^^)
 パンケーキにうるさい方にも納得していただけるお味なのではないでしょうか。、

096 一緒に頼んだドリンクは、コーヒーも紅茶もポットでの提供。
 酸味の少ないほどよい濃さのコーヒーは、1人3杯は軽く飲めるようたっぷりと入っています。
 紅茶用には専用ピッチャーにミルクが入って届きました。

 モーニングをのんびりと楽しめるようにとの心配りが嬉しいですね♪

102103

 人間がゆったりとした時間を過ごしているうちに、みるもすっかりお休みタイム。
 自然に囲まれた気持ちの良いカフェ、CABOT COVEさん。

 普段の軽井沢滞在ではなかなか足を運ばない場所ではあるけれど、次はぜひここを目指して訪れたい。。。そう思わせる素敵なところでした。

ブレックファースト&カフェ CABOT COVE
長野県北佐久郡軽井沢町追分78-26
TEL:0267-31-5078
OPEN:6:30~14:00
    (11月~3月)7:00~14:00
    7~9月無休 10月~6月まで第1、3火・水曜日(祝日の場合営業)
    臨時休業あり

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年9月 3日 (土)

軽井沢高原の味覚を送る会 とうもろこし

004

 軽井沢の旅から帰ってきてから、申し込み締め切りの8月31日ギリギリに頼んだ『軽井沢高原の味覚を送る会』のとうもろこし。
 本日の午後、日本郵便さんの手で届けられました(^^)

 003

 箱を開けてみると、中には青々としたとうもろこしが!
 朝取りをそのまま箱に入れてすぐに発送してくださったのでしょう。

005
 きれいなとうもろこしにホレボレ。
 さっそくラップに包んで電子レンジでチン♪

007

 ををを~っ!
 ひげもたくさん、今年もキラキラぷりっぷりの粒ぞろいです。

 そして「あっま~い(*^_^*)」
 昨年に比べてさらに甘味が強いような気がします。

 8月の中旬から後半にかけては気候の悪い日が続いたけれど、その前のお天気で育ちが良かったのかもしれませんね。

 とうもろこしの糖度はあっという間に下がっちゃうんです。
 例年の教訓から、早目にチンして冷蔵・冷凍保存します。

 やっぱり美味しい・・・軽井沢のとうもろこしです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

夏休みin軽井沢

今日から夏休み。
毎年恒例の軽井沢旅行。
結局今年も訪れることになりました。

節電対策で避暑にイイゾ…って思っていたら、気温が下がってアレレレレ(*_*)
軽井沢の今の気温16℃。
けっこう寒いです。

軽井沢プリンスアウトレットに向かう方も多そうだったけれど、寒さ対策は必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

軽井沢1泊2日買い物三昧の旅

 先週の土日、職場の友達と一緒に軽井沢まで出掛けてきました。

 今回のコンセプトは1泊2日でゆっくり買い物三昧。
 私の、軽井沢のアウトレットで買い物がしたい!!の一言に同調してくれた友達2人。
 女3人でかしましく出掛けてきました。

 横浜を出発したのが9時過ぎで、軽井沢に到着したのが14時過ぎ。
 もちろん軽井沢プリンスショッピングプラザに直行です♪

005008

 この季節に軽井沢を訪れるのは初めてだったのだけど、花と新緑がとてもきれいなんですね。

006003

 買い物を前に心ウキウキ(*^_^*)
 今回は1日目も2日目も景色ばかり撮ってました。

 なのでとりあえず店舗写真はなく購入したもののみでご紹介。

047 コーチではパステルイエローの大き目バッグを購入。あらかじめの値引きの他、この日も更に30%で57,000→23,940円+税と購入しやすい価格。
 とても柔らかい革素材なので手触りが良い上、軽くて使い心地が良さそうなバッグです。
 この日は小さめスカーフ12,000→5,040円+税も購入。

 そして、コーチでは2日目も小さめのスカーフを購入。
 市場で一般に売られているノーブランド物とほとんど変わらないこの価格。大きなものに目が行きがちだけど、私は小物類で気に入った物があればこういう機会に購入するようにしています(^^)
 
050_2 こちらはダイアナで購入したパンプス(13,440→11,025円)。
 気に入った靴とピッタリなサイズのものがなかなかなくて、ようやく見つけた一足。
 エナメルでもトウが丸くなっているので窮屈さはなし。
 外反母趾の左足に合わせたサイズなので右足は若干ゆるかったのだけど、そこはパットで調節。
 アウトレットで工賃なしでパットを入れてもらえるところが嬉しいですね(^^)

053 こちらは思い切りパッと目に入っての衝動買い^^;
 NEXTDOORで購入した一着。
 赤いボーダーが欲しいな~と思っていたところで、つい買っちゃったんですけど、帰ってきて見てみるとLサイズ。
 アウトレットってコワイですねぇ(苦笑)
 ショップバッグは期間限定でのエコバッグ。
 服自体それほど高いものでもなかったし、まあお得だったのかな?・・・ということにしておこうと思います(笑)

051 プーマでは仕事用のスニーカー。
 昨年夏に同じものを購入してとても良かったので再度購入。
 履きやすいのはもちろんですが、内側のマークがアクセントでお気に入り(^^)

048 コーチメンズファクトリーではPCバッグを購入。
(写真は裏面。書類が入れられるポケットもついています)
 値引き後14,994円(正価34,000円)というあまりの安さに飛びついて、「さすがにバッグがお揃いなのはヤバイでしょ~」と言っていた私達が、「PCバッグなら。。。」とお揃いで購入してしまいました(笑)

049 内側は鮮やかなグリーン。
 レディースにはないメンズならではの色合いですよね。
 他にも女性が持ってもいいんじゃないかな?と思えるようなビジネスバッグもあり。
 働く女性の方には、メンズファクトリーを覗いてみるのもオススメです。

052 2日目、一番最後に購入したのが、アディダスのシューズ。
 水にぬれても大丈夫、ふだん履きで使える軽いシューズです。犬の散歩の時にサッと履いて出掛けられそうだなーと思って購入しました。
 色は、ピンク、グリーン、オレンジ、イエロー、パープルの5色展開。
 友達にパープルが似合うと言われこちらの色にしてみました(^^)

 他にも、ザ・コスメティックカンパニーストアでMACのチークとハイライトを購入。

 買い物三昧・・・というほどには買えなかったですねぇ^^;

 誘った私より誘われた2人の方が高額購入(笑)
 2人とも最後の最後に回ったグッチでの買い物でつり上がった感じでした^/^
 他人の買い物を見るのは楽しいし気持ち良いものですね。

043041

 良いお天気だった1日目と違い2日目は雨降り。
 視界も悪く、浅間山はもちろん普段ならくっきりと見える離山さえも雲の中。
 それでも人出は多くて、12時近くの到着でイースト奥、信号より向こうの駐車場に停めることになってしまいました。
 冷たい風が吹く中傘をさしての移動は辛かった。。。

 日差しがなければ日中でも外気12℃程度の場合もありますので、ぜひ長袖の羽織るものやストールのご用意をお忘れなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

軽井沢のとうもろこし

121  
 軽井沢の高原とうもろこしが届きました♪

 軽井沢での避暑から戻ってきてからの申し込みだったので、締め切りギリギリ。
 いつも面倒をおかけしています。

 今年は、春先の天候不順に、梅雨時に雨が降らず。あげくの果てのこの猛暑・・・で、農作物に影響が出ているのはニュースでもおなじみだったので、届くまでドキドキ。

 ちょっと小ぶりかな?とも思ったけれど、どっしりと重くて、店先で売られているとうもろこしと違って元気良し。
 実もしっかりと揃っています。

 お味の方は~
 口に入れた瞬間は、例年より少~し薄いかな?と思ったけれど、口の中に広がる甘さは軽井沢のとうもろこしならでは。
 毎年お世話になった方やお友達に箱で送らせていただいているのだけど、糖度が高くて美味しい軽井沢のとうもろこしの人気は高くてね。待ちわびてくださるぐらいなの。
 「美味しいよね。大好き」とか言ってもらえると、私も嬉しくなってしまいます(^^)

 今日は職場の友達におすそ分け。
 「美味しかった!」報告、明日にはもらえるかな?
 とても待ち遠しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

軽井沢で避暑 その6

187 熊野神社に到着したのは12時前。
 おや?それほど車は停まっていませんね。
 お盆すぎてそんなにドッと観光客が減ったとは思えないのだけど。。。

 朝食を食べ終わったばかりでそんなにお腹も空いてないし・・・と、元祖力餅しげのやさんにお土産用の折詰をお願いしてから、熊野神社へ。
 10年ほど前、お守りに助けられたことがあって以来、毎年お参りすることにしています。

193 最近、何かの本を見た時にパワースポットと紹介されていてびっくり。そう言う場所だからこそ神社が建立されているのでしょうね。
 車でお越しの方は少なかったけれど、バス利用の方がいらしたようで階段の上には数組のグループが。
 女性3人グループのひとりが、長野県側熊野皇大神社の裏にある樹齢850年と言われる御神木のしなの木を、かなり長い間見上げていた姿が印象的でした。

 たくさんの神様にお参りした後、群馬県側の熊野神社に昨年のお守りを納めて今年のお守りをいただいてきました。

199_2 帰りに、しげのやさんで名物力餅を受け取り、戻ったら昼食。
 昼食はのんびりテラスでそうめんをすすりました(^^)
 力餅は食後のデザートに。
 水が出てしまう関係で”からみ”だけがお土産で持ち帰ることができないのが残念。

 楽しい時間ってあっという間に終わってしまいますね。
 あれこれしているうちにもう3時。
 いい加減に帰らないと夕方の渋滞に巻き込まれる~と、今までののんびり感はどこへやら。ダッシュで準備して別れのあいさつもそこそこに出発してしまいました。
 敷地を出ようとした時に目の前を通り過ぎたのはTV朝日の報道車。翌日、○山別荘で会談が持たれるとニュースで聞いていたので、思わず「これか!」って思っちゃいました。
 せっかくの軽井沢なのにお仕事とは。。。大変ですね。

201 夕食は、母親の希望でおぎのやの峠の釜めし。
 碓氷軽井沢IC前の販売所で購入。

 上信越道はスイスイだったのだけど、関越に入ってかなり車の量が増えました。それでも動きはまずまずだったのだけど、埼玉県に入った辺りで動きが鈍くなり、新座料金所付近では渋滞に巻き込まれてしまいました。
 それでも軽井沢から横浜までノンストップで4時間半。
 まずまずだったかな。

 いつもながら、ノンストップに付き合ってくれる家族とみるには感謝。
 軽井沢を出た時の外気温は26℃。それが徐々に上がって高崎あたりで30℃越え。それでも夕方で雲がかかっていたせいか予想よりは気温も上がらず、横浜に到着してもそれほど暑さを感じることがなかったのは幸いでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

軽井沢で避暑 その5

 エルミタージュ ドゥ タムラさんの記事(→こちら)を『軽井沢で避暑 その4』として、その続きです。

 美味しくランチをいただいたその日の夕方、弟一家が横浜に帰宅。子ども3人抜けるとかなり違いますね。
 なんとなく静かすぎると言うか。。。

035 みるは、軽井沢の雰囲気に慣れたのか静かになって落ち着いたのか、それとも疲れが貯まってきたのか・・・
 帰宅前夜にしてようやく落ち着いたような気がします。

 5日目の朝。

142_2 楽しかった避暑もいよいよ今日で終了。
 帰る時間は特に決めてはいなかったのだけど、夕方の渋滞は回避したいかな。
 それにしても、毎日のんびり過ごしていたのに、最終日になるとあれこれやってないことが頭に思い浮かぶものですね^^;
 毎年お守りを交換していただいている肝心な熊野神社に行ってないではないですか!!
 朝食を食べ終わったら熊野神社に行きたいことをいとこに告げ、結局昼食をいただいてから帰ることにしました。

173 朝はもちろんみるの散歩から始まります。
 近衛レーンから鳩山レーンを歩き離山通りに入る、お決まりのコース。
 足並みも軽くゆったりした気分で緑を楽しめるのもいよいよこれで終わり。
 来年もまたゆっくり出掛けたいね。

176 散歩を終えて、旧軽銀座までパンの買い出しとゴミ出し。
 いつにもなくゆっくりの始動だったので、9時を回ってしまい、すでに開店しているお店もあり。
 じゃまにならないよう車を停めて、さっさと買い物を済ませます。

178 フランスベーカリーでは、クロワッサンなどデニッシュ系を。
 もちろんアップルパイはお土産に1本いただきました(^^)
180 浅野屋さんでは、クリームパン、チーズトマトパンなどを購入。
 両方ともに美味しいパン屋さんなので、好きな味をみつけるのも楽しみの一つです♪

 帰ってから食事の支度~
 のんびりとモーニングしていたらあっという間に11時半。
 最終日だというのに。。。時間がない(>_<)
 そしてお盆を過ぎたとはいえ碓氷峠のお昼時の混雑は?と、気持ちもあせります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

【軽井沢・長倉】エルミタージュ ドゥ タムラ 本店

144_2 
 夏の軽井沢旅行。4日目のお昼は、エルミタージュ ドゥ タムラさんでランチ。
 緑あふれる軽井沢の自然を楽しみながら、美味しいお料理に舌鼓を打てるフレンチレストランとして有名で、休日にわざわざ都心から訪れるお客様も多いことでも知られています。

154 シェフの素材の風味を残しながら仕立てるお料理のお味もさることながら、マダムを筆頭に店員さん達のテキパキとして、かつ優雅なサービスが気持ち良いレストラン。
 1テーブル1予約なので回転がなく、好きなだけたっぷり時間をかけて楽しめるのも嬉しいサービスです。

 完全予約制で、予約時にコースを頼みます。
 選んだのは『おまかせランチコース』の中から、前菜2皿、魚料理又は肉料理、デザート、コーヒー 5,250円(税込・サービス料別)のランチD。

 完全予約制というのに、店内のテーブルはほぼ満席。
 カメラを出すにはちょっと勇気がいって、前菜1皿目を撮り損ねました。
 とても透き通った夏の涼を現わす1皿で、言葉では表現できないのが残念です。

145 パンがとても美味しそうで、可愛くて。。。
 「やっぱり写真に残したい!」と、預かっていただいたバッグの中からカメラを取り出してしまいました。

146  
 前菜2品目。
 カラッと揚がったお魚と、シャキシャキ感たっぷりの高原野菜の自然な甘味とのハーモニーを楽しめる一品です。

147 パンのために用意されたのが、スパイス入り岩塩、アボカドディップ、オリーブ。
 パンだけでも味わい深いのだけど、味を変えて楽しめるのも良かったですね。つい、あれもこれも・・・と試してしまいました。

148  
 メイン料理を待つ間、こちらのレストランの名物、田村シェフのスぺシャリテ 桃のスープをいただきました(^^)
 桃の甘みに合わせて毎日配合を変えて作られているというスープは、冷たくさっぱりとして、ほのかに甘くさわやかな味わい。器として使われている凍らせた桃も時間が経つと自然解凍されて食べられます。
 最後までスプーンですくっていただいて大満足♪
 「軽井沢の夏=桃のスープ」が、ここ数年、私の中での定番です。

149  
 メインのお肉。
 今日は鶏肉料理でした。

151  
 こちらは、お魚。
 写真を撮るのにドキドキしてしまってて、肝心な魚の名前が頭から飛んでしまいました^^;

 どちらも、味付けはシンプルに。
 焼き加減が調整されていて、皮はパリッと肉はホワッと柔らかく。
 野菜の風味を生かしながらのソースもさっぱりとしてしつこくなく、さらっとお腹に入っていきました。

152_4153_5
 デザートが出てくる前に、「チーズお召し上がりになりますか?」と聞かれ、チーズ好きな私は「はい」と一つ返事。
 いただいていた白ワインとともに、チーズの深い味わいにも舌鼓。
 チーズももちろんだけど、ぶどうパンの美味しいこと。
 外は突然の雷雨で大変なことになっていたのだけど、そんなことはおかまいなしにおしゃべりに花を咲かせる私達。
 この頃にはお客さまもほとんどお帰りになっていて、マダムもひとりじめ。
 つい食べ過ぎてしまいました。

155 コースの飲み物は、コーヒー、紅茶、ハーブティーが選べます。
 チーズをたくさんいただいた後ということもあって、ハーブティーをチョイス。
 ハーブティーはレモングラスのさわやかな香りでした。
163 一緒に提供されたのは、手作りのマシュマロ。
 プレーンとモカの2種類あって、コーヒーに浮かべていただくんですって。
 紅茶に浮かべて溶けた感じが甘くて美味しい~という声も。
 コーヒーを頼まなかったことが少し悔やまれました。

 そしてデザート。

156158160_4161
 4種類のデザートを4人で分担。
 上から、春菊のティラミス、抹茶チョコレートの水まんじゅう、マンゴープリン、トマトのコンポート。

 春菊とトマトがデザートとはちょっとびっくり。。。
 味はそのものズバリ。
 でもしっかりデザートに変身しているところが、シェフの腕なんですね。
 ほんのりとした甘さがちょうど良く、最後の最後まで満足出来ました。

164 と思ったら、最後にプティフルール。

165  
 ガラスの器の蓋を開けてみると、中には小さなすいかショート。
 すいかの実の下に薄いスポンジと。周囲にはクリームがデコレーション。
 飾りはすいかの皮で。

 最後の最後にサプライズ。
 口の中もさわやかに。記憶に残る一品となりました。

エルミタージュ ドゥ タムラ 本店
長野県北佐久郡軽井沢町長倉820-98
TEL:0267-44-1611
OPEN:ランチ 12:00~13:00(L/O)
    ディナー 18:00~20:00(L/O) 完全予約制

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧