« 【モラタメ】サー・トーマス・リプトン ダージリンストレートティー | トップページ | エコキュートの集中工事? ご注意を »

2014年9月21日 (日)

【本】議論のウソ

Photo

 昨年、情報管理学を学んだ際にサブテキストとして購入したのが講談社現代新書の議論のウソ(小笠原喜康著)。

 マスコミやインターネットを通じて、日々さまざまな言論に接している私たち。
 年々量が増える情報の中で、マスコミなどに惑わされない思考力を養うための一助として書かれている本書は、わかりやすい事例と切り口で、さらっと読むことができました。

 ふとこの本のことを思い出したきっかけが、朝日新聞社の不祥事。
 新聞で書かれていたりニュースで報道されることって、受け取り手としては真実と思ってしまいますよね。でも、この本にも書かれているのだけど、真実かと言うと、その情報を読み取った記者の考えが入っていたり、見出しを面白くして人の目を引き付けようとしているために情報が曲がってしまうこともあるみたい。
 特に数字については、右に見せるか左に見せるかによって、大きくみせたり小さく見せたりといいように操作されてしまう。

 テレビ番組でも、専門家が話しているのならまだしも、タレントや弁護士、医師などコメンテーターの発言は、その人が受け取った情報をその人なりに理解して話している言葉になるので、真実からどれだけ離れてしまっているかわかりませんよね。
 真実をつかむためには情報を選別する力を身につけるなど、情報を受け取る側も思考力を養う必要があるということですね。

 世間の風潮に影響を受けやすい私たち。
 この本に書かれているように、あふれる情報に翻弄されないよう、落ち着いて考える姿勢を常に持ち続けなければいけませんね。

|

« 【モラタメ】サー・トーマス・リプトン ダージリンストレートティー | トップページ | エコキュートの集中工事? ご注意を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/60352817

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】議論のウソ:

« 【モラタメ】サー・トーマス・リプトン ダージリンストレートティー | トップページ | エコキュートの集中工事? ご注意を »