« 認定看護管理者教育課程ファーストクラス修了 | トップページ | 【ベルメゾン】2014 オリジナルDiary  »

2013年10月12日 (土)

【本】ナイチンゲール心に効く言葉

Hiyoko12_06_18_3
 久々に本のオススメです。

 看護師、看護学生にはおなじみのフローレンス・ナイチンゲール。
 『看護覚え書き』は、看護理論のひとつとして学生時代に触れることの多い書籍です。

 この『ナイチンゲール心に効く言葉』は、看護管理者教育課程ファーストコースを受講する以前、Amazon.comを見ていた時に目に留まり、手に取った本。
 癒しとか、元気出したいとか、そんなことを求めていた時にふっと目に入った本。
 看護を学ぶ理由で探した本ではないのです。

 中に書かれているのは、『Florence Nightingale to Her Nurses』『Suggetions for Thought』『Notes on Nursing』の3冊から選ばれた言葉。
 病院や看護がテーマではあるけれど、一般的な職場や人間関係にも十分通じる言葉たち。
 女性目線だけど、男性的な感性を持っていたナイチンゲールならではの、言葉が並びます。

 疲れた体に、寝る前の1つの言葉。
 「自己を高める」「人を愛する」「ともに生き、ともに働く」「人の上に立つ」など、カテゴリ分けされているので、自分の気持ちに合わせたページを開くことで、元気になることができるんです。

 心に効く言葉を綴った書籍はいろいろあるけれど、心の奥に常にあるナイチンゲールの言葉だからこそ、私には響くものが大きいかな。

 ナイチンゲール 心に効く言葉
 F.ナイチンゲール 著
 ハーパー保子 訳
 サンマーク出版編集部 編

 サンマーク出版
 本体1200円+税

|

« 認定看護管理者教育課程ファーストクラス修了 | トップページ | 【ベルメゾン】2014 オリジナルDiary  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/58372762

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】ナイチンゲール心に効く言葉:

« 認定看護管理者教育課程ファーストクラス修了 | トップページ | 【ベルメゾン】2014 オリジナルDiary  »