« 【スターバックス】2013SAKURAシリーズ その2 | トップページ | 花粉?黄砂?砂嵐? »

2013年3月10日 (日)

【ABCクッキング】M class 6.

001_2

 マスタークラス6.は、チャバタ~トマト&オリーブ~
 捏ねることのない、不思議なパン。
 その昔、イタリアのある地方で水を入れすぎてしまったところから作られた、間違っちゃったパンなんですって!

 今回は液種法での作成。
 ABCでこの手法ははじめてです。

 イーストオーガニックを使用。
 トマトピューレで色づけするので、オーガニックの茶色があってもパンの色調には影響はありません。
 オーガニックイーストは独特の香りがあるのだけど、オリーブオイルが入り刻んだオリーブも入るので、仕上がりに気になることはありませんでした。

 パンチして作るという表現で記載されていたので、どこでどんな風にパンチするのかな?と思っていたのだけど、静かに生地を広げるぐらい。
 怒りをパンチに込めて発散・・・という訳にはいきません^^;
 レシピには書いてないことだけど、成形時、三つ折りした生地の端をつまんでおいた方が、生地がめくれあがらずきれいに成形できるのだそう。
 確かにきれいにくっつきました。
 打ち粉は生地になじんでしまうので、断面の打ち粉はこれでもかっ!ってぐらい打っておいた方が焼き上がりきれいに仕上がるのだそうです。
 でないと、焼き色がかなり黒っぽくなってしまうんですって。

003_2

 焼き色がきれいに仕上がっただけでなく、窯伸びもいい具合。
 チャバタってスリッパの意味らしく、びろ~んと平らに伸ばした成形。
 切り口を上にして伸ばして焼いた割りにはとってもきれいに広げられました(^^)

006

 間違いからできちゃったパンだけど、水分多めで捏ねることもできないぐらいドロドロの生地から仕上がった割にはちゃんとしたパンが出来上がりました。
 外はカリッと中はもちもち。
 ドライトマトとオリーブの風味もよく、少しすっぱめなパンです。
 一口目は、ん?って感じだけど、噛めば噛むほど味わい良く病みつきになってしまうお味。

 作業工程の時間はマスターなので長いけれど、生地に触っていた時間は普段より短いぐらい。
 捏ねに慣れてしまっていると、何となく不完全燃焼かな。
 でも作るのにも食べるにも楽しめるパンでした。

|

« 【スターバックス】2013SAKURAシリーズ その2 | トップページ | 花粉?黄砂?砂嵐? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/56927253

この記事へのトラックバック一覧です: 【ABCクッキング】M class 6.:

« 【スターバックス】2013SAKURAシリーズ その2 | トップページ | 花粉?黄砂?砂嵐? »