« 【ロクシタン】2012冬 マーベラスフラワー | トップページ | 【ベルメゾン】2013 オリジナルDiary その2 »

2012年11月12日 (月)

【湘南・鎌倉】弁天堂見晴茶屋

016

 北鎌倉駅からすぐの場所にある、鎌倉五山第二位の円覚寺
 その境内にある弁天堂の隣に弁天堂見晴茶屋があります。

006 
 弁天堂は山門の右手。
 山之上にある弁天堂までは←の標識が頼りです。

007

 鳥居が見えたらその鳥居をくぐって。。。

008
 この急な階段を昇ったところに弁天堂見晴茶屋があります。

009

012

 昼過ぎから雨が降り出して風も冷たくなってきたけれど、茶屋を訪れる人の足は途切れることはありません。
 参拝後の方や茶屋を目的に昇ってきた人が次々と入ってきます。

011

 階段をあれほど昇ってきた茶屋からの眺めは格別。
 晴れていればもっと素敵な景色が見れたかもしれません。
 崖の下のほうから電車の音も心地よく聞こえてきます。
 時にはとんびの声も。。。

 混雑している訳ではなかったからか、席の誘導は特になく自由に席を決められました。
 景色の見える崖の方にも一回は席を変えたのだけど、風が冷たかったので中の方に戻ってしまいました。

 前の方の注文が終わって、次は私たち。
 お店奥左で注文と支払を済ませたら、席で待っているとお店の方ができたものから順に届けてくれました。

014

 みたらしだんご(600円)は焼き立てのあつあつ。
 中はふんわりもちもちと、外はカリッと。
 たっぷりとかかったみたらしの甘味と辛味がほどよく、1個口に入れてはまたみたらしをつけて~と、じっくり風味を楽しみました(^^)

013

 鳥居のところからかかっていた甘酒(500円)の表示。
 甘酒が一押しなのかな?と思い頼んでみました。

 1杯分、しっかりと入った甘酒におろししょうがとお茶がついてきました。
 「お好みでしょうがの量を加減してください」と言ってもらったのだけど、しょうが好きの私は加減も水に全部投入~
 甘酒の量も多いので、もっと入ってもよかったかも・・・と思うぐらいでした。
 観光地のお茶屋さんの甘酒って、ときどき甘味で調節しているんじゃないかと思うほど薄い甘酒を飲むこともあるけれど、こちらのはしっかりとしていました。
 甘味も程よくてもう1杯飲みたくなってしまったぐらいです。

015

 そしておしるこ(600円)。
 お餅が表面に1個しか見えていなかったのだけど、食べていたら中からもう1個顔をだしてきました。
 こちらは甘目。
 口直しについていたきゃら葺のしょっぱさがマッチして美味しかったです♪

 私たちが頼んだものすべてお茶付き。
 お茶も美味しくいただき、冷たい風に負けないぐらい体もポカポカと温まりました。

 暑い夏には、かき氷もあるようです。

 円覚寺は境内全部をめぐるとかなり広いので、長い階段はちょとキツイけれど、昇り終えた爽快感とともにお茶屋さんで景色を眺めながらのんびりするというのがいいのかもしれません。
 昔の人たちも同じように疲れを癒したのかしら?と思いにふけるにもちょうど良い弁天堂見晴茶屋です。

弁天堂見晴茶屋
神奈川県鎌倉市山之内409 円覚寺
TEL:046-725-0411
OPEN:平日10:00~16:30
    土日祝10:00より若干早く~17:00

|

« 【ロクシタン】2012冬 マーベラスフラワー | トップページ | 【ベルメゾン】2013 オリジナルDiary その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/56094781

この記事へのトラックバック一覧です: 【湘南・鎌倉】弁天堂見晴茶屋:

« 【ロクシタン】2012冬 マーベラスフラワー | トップページ | 【ベルメゾン】2013 オリジナルDiary その2 »