« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

【ABCクッキング】2011年春シリーズS-6

018 震災の影響で、関東以北では春シーズンが7月いっぱいまで。
 と言う訳で、本日ギリギリでS-6とろ~りハニーティアラを作ってきました。

017

 でもね、先生の「ティアラの成形はトンガリが口の中で痛いのよ」の一言で、あっさり成形を変えてしまったの。
 ティアラの成形、原理は見ただけで理解できたので簡単に旧基礎のF レーズンパンの成形に。

 それにしてもこちらのパン、砂糖の代わりにはちみつが入り、焼き上がりにとどめのはちみつ。
 考えただけでもベッタベタで苦手~なパン。
 手にベタベタくっつくのって苦手なんですよねー^^;
 だから最後の最後まで残してあってギリギリ今日のレッスンに。

 シーズン春は期間が長かったこともあって6個全部制覇!
 夏は3個しか取っていないのだけど、作り終わることができるかしら。
 秋のシリーズも発表になりましたね。
 甘いパンもあるけれど、時間的に3個しか取れないと思うので惣菜パンに狙いをしぼっています。

 そうそう、秋のシーズンと言えば、製菓のシーズンも良さそうですね。
 時間がないと言いながら、ロールケーキと焼き菓子どちらも取りたいと思っている私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【モラタメ】カルビー ポテリッチ

002

 モラタメ.netさんでのタメせるでいただいた、カルビーのポテリッチ。
 ”こだわりの塩味”と”コンソメDX”の2種類がそれぞれ5袋ずつ。
 職場に2袋ずつ持参しみんなで試食。
 あっと言う間に消費されてしまいました(^^)

003 厚切りなのでしっかりとした歯ごたえ。
 味もしっかりとのってます。

 コンソメDXは味が濃すぎてしつこくならないかな?と少し心配だったけれど、そんなことはなく味わいが深くなっている感じ。
 しお味はオニオンパウダーとしいたけパウダーで香り良し。
 もともと薄味が好きな私には少ししょっぱめ。
 それでも夏の暑い中、ちょうど今の季節にはこのぐらいの塩分はいいかもしれません。
 ドリンク飲みながら、パリパリッと。。。

 塩味には黒こしょうをちょこっとふってビールのおともに。
 コンソメDXはバリバリとくだいで、マッチ棒ぐらいに拍子木切りした大根の上に載せてマヨネーズをかけて食事時の一品に。

 そのまま食べてもアレンジしても、味わいのあるポテリッチです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【横浜・野毛】焼き鳥・季節料理 鳥しげ

 仕事帰りに職場の先輩、友達と飲み会。
 今どきは女子会・・・と言うのでしょうか?

 シーサイドライン~根岸線と乗り継いで、桜木町、野毛まで出掛けてきました。
 小雨降る中、お店の前に屋台風に机と椅子を出して飲んでいるおじさま達がいたり、野毛の夜はいつもながら元気です(^^)

 向かった先は焼き鳥・季節料理 鳥しげさん。
 ブリーズベイホテルの裏っかわ。
野毛小路のひとつ裏の路地を入ったところにあって、パッと見女性だけでは入りにくそうなお店なのだけど、入ってみればカップルで訪れる方もいたりなんとも居心地の良い空間。
 何と言ってもお料理は美味しいしお値段もリーズナブル♪
 先輩の持っていた本を見て「ここよさそうじゃない?!」とはじめて訪れたのが6月末。
 本当はその本のお店をひとつひとつつぶしていく予定だったのに、すっかりみんなが気に入ってしまって今月も鳥しげさんでの女子会となったのでした。

009 乾杯はもちろん生ビール(500円)で!
 ←の黒糖梅酒のロック(300円?)は3杯目。
 2杯目は地酒の浦霞をいただきました。
 東日本大震災を受けて、現在東北地方の地酒を提供中。
 前回は一の蔵もいただいたのだけど、翌日の研修に向けて若干自粛してみました。
 4杯目は普通の梅酒をロック(300円)で。
 おしゃべりしながらはお酒がすすみます(笑)

004  

 焼き鳥は、軟骨に皮、ハツにしいたけ肉にぎんなん。
 それぞれ好き好きに食べたいものを注文。
 共通しているのは塩で!
 素材の旨味を味わうにはやっぱり塩ですね。

006

 馬肉三種盛りは、馬刺しにタテガミと燻製。
 燻製はきりりとレモンを絞って。。。
 さっぱりして美味し~い♪

007

 アジのなめろう。 
 前回とても美味しかったので2皿分を注文。
 新鮮な魚にネギと味噌の風味がほどよく馴染んで美味しいの。
 4人でつついてあっという間の消費です。

008

 こちらは居酒屋定番のジャガイモベーコン(700円)。
 グツグツであっつあつなのも普通の居酒屋以上なのだけど、カレー風味というのが私達のお気に入り。
 なんとも言えず美味しいんですよね~

010

 鶏の酒蒸し中華風(580円)。
 上に乗っかったにんにくチップのインパクトもあるけれど、タレが美味しいの。
 酒蒸しだからカロリーを気にする女性にもオススメ。
 さっぱりとした風味がこれまた私達のお気に入り。

011

 そして最後の〆に欠かせないのが、焼きおにぎり煎餅。
 ラストオーダーで大(680円)を1枚頼んで2枚ずつ食べてフィニッシュ!!
 隠し味が効いててご飯自体も美味しく、そして外のゴマとパリッとした焼き加減も良く、生まれてはじめていただいた風味に惚れた~1品。
 香ばしさがたまりません!!

 「前回とは違ったものを食べよう!」
 と言い合っていたのに、蓋を開けてみたら結局前回とほとんど同じラインナップ^^;
 女性のみのサービスで、カットされたグレープフルーツを2切れずつ最後にいただいてフィニッシュ!!
 口の中さっぱりでお店を出ることができるのは、女性にとって嬉しいサービスですね(^^)d
 次回もまた1ヶ月後かしらね。

 私達が滞在した20時~23時過ぎまでの間でも店内は常に満席。
 21時くらいに団体さんが帰って少し空いたけど、すぐに常連さんらしき方々が入店。
 気さくなママさん、店員さんに訪れる方も多いんだろうな~

 コロコロ動く姿も心地よい。
 そんな野毛の鳥しげさん。
 予約もOKとのことなので電話することをオススメします。

焼き鳥・季節料理 鳥しげ
横浜市中区野毛町1-25
TEL:045-241-1603
OPEN:17:00~24:00(L/O23:00) 日・祝日定休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ベルメゾン】StyleNote2011冬号 モニター用カタログ

094_2 ベルメゾン『スタイルノート』のモニターカタログ。
 今回もモニターをさせていただきました。

 春夏はフェミニンな感じだったけれど、冬はクラシカルな感じです。
 値段も含めて「買いたい」と思う商品は?では、ここ最近20品にも届かないことが多かったのだけど、今回は26品以上となってしまい、泣く泣く2品削除。
 ・・・とはいえ、すべて買うにはお金が足りないのでこの中でもせいぜい6品買えるかどうかと言ったところかな。

 温かそうなもこもこカーディガンに、アンゴラ混のウールコート、コクーンコートにフェルトハット。
 ワンピースにラメ入りスカートはブラックで!
 白黒を基調にしたトップスにボトム。
 クラシカルにシックに。。。
 冬は重ね着が楽しい季節。
 考えるだけで嬉しいですね(^^)

 でもね、今までの傾向として実際に購入する季節になるとモニターした時と気分が変わるのか違ったものが欲しくなったりもするんですよね^^;
 モニター用カタログでは白紙の部分に掲載される商品も楽しみだったりして。

 ようやく秋号が届き始めた今日この頃。
 冬号の季節はまだ先のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

ぴあ最終号

Cover_2 ぴあ最終号。
 ようやく購入することができました。

 ぴあの最終号が出たその日。
 たまたま見ていたTV番組で最終号が発刊されたことを知りました。

 近年はめっきり購入することも減っていたけれど、映画情報、ライブ情報。。。
 いくつもの情報をいただいてきました。

 勝手ではあるけれど、あって当たり前の雑誌が無くなるのは淋しいものですね。

 最終号の見どころは、何と言っても及川正通さんが描いた表紙作品1300点一挙公開!
 1300点ですからかなり小さなイラストになっているのだけれど、昔購入した懐かしい号の表紙って覚えているものですね。
 あの頃の事をあれこれいろいろと思い出すことができました。

 大手の本屋は4か所とも完売。
 今朝ふらっと立ち寄ったコンビニに1冊残っていたのを手に入れることができました。
 アマゾンではもう少しあるのかな?
 現在まだ「在庫あり」にはなっていました。

 創刊39年の歴史。
 私にとっての思い出は半分強ぐらい。
 またひとつの時代が終わってしまうのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

【横浜・みなとみらい】第26回神奈川新聞花火大会 8月17日開催

 例年8月1日に開催されてきた神奈川新聞花火大会
 今年は東日本大震災を受けて自粛・・・との話もあったのだけど、日程を変更し8月17日の開催となりました(^^)

 とにかく大混雑のこの日、クイーンズスクエア横浜のクイーンズパーキングには↓のような貼り紙。

017

 みなさま、当日は休日料金です。
 上限打ち切りはないようですので、ご注意くださいm(__)m

 ところで、今日の神奈川新聞によると、花火当日は安全確保を目的に臨港パークと新港パークの入場制限を実施するようです。
 東日本大震災の影響で首都圏の花火大会の多くが中止となる中での開催。
 例年以上の観覧車の来場が予測されるための措置だそうです。
 ・・・仕方ないですね。

 あらかじめの事前申し込み(花火観賞券=有料)制による入場制限。
 県内のローソンチケットでの受付で、大人20003円(高校生以上)、子ども500円(小中学生)、小学生未満は無料です。

 ※申し込み・問い合わせ
  TEL045-681-3906 平日10:00~17:00

 東日本大震災復興を祈念し、被災地の花火師による打ち上げと現地への義援金も予定しているようです。

 臨港パークや新港パークでなくても観賞できるポイントはあり!
 私は仕事で行けそうにないけれど、ぜひたくさんの方に見ていただきたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

【ABCクッキング】ブレッドCclass U.

029

 シーズンクラスの後の時間、キャンセル待ちで基礎クラスのテーブルロールを作ってきました(^^)

 復習チケット何回も回しているのに、実はこちらテーブルロールを作るのは初めて!
 新基礎もほとんど作ってきたけれど、あまりにもシンプルだからいいや〜って思ってたのです。
 でも、先日ご一緒した方が作ってて、あまりにもふんわりきれいに膨らんでいたのを見て「私も作りたい」って思ってしまったの^/^

028

 旧基礎のBで作った時は粉量少なめで6個の成形。
 新基礎ではイースト、砂糖、バターの量はほとんど変わっていないのに、粉量増量でスキムミルクが入ったんです。
 発酵は悪くなったけれどそのぶん柔らかくふっくりできる配合に変更されたんですって。

 出来上がり、1個が大きくて驚きました。

030

 パンの裏側。
 Y先生のお話では、焼き上がりの状況を見るにはパンの軽さと裏面の焼け具合を見るのがいいんですって。
 かなりゆる〜く巻いたつもりだったのに、やはり利き手の右側の方がきつくなってしまったみたいで。。。
 シンプルゆえに納得のいくものを作り上げるのは難しいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

【ABCクッキング】2011年夏シリーズS-3

031

 いよいよ2011年夏シーズンパンに突入~♪
 夏S-3はビスコッティ~ココアオレンジ&クランベリー。
 それぞれ12枚づつ作成。
 最後に透明な袋に入れて終了。

023024

 ビスコッティ=再度焼く・・・の意味。

 クランベリーはジャムと食紅で色づけ。
 かな~り赤みをつけてようやくこの色。
 焼いていくうちに色がどんどんあせていくんです。

 2度焼くからとにかく硬い!!
 噛み切れないほどではないけれど、親世代には難しい食べ物ですね。
 ビスケットと名前は似ているけれど似て非なるものです。

026

 ココアオレンジはその名の通り粉にココアを混ぜてオレンジピールを入れてアクセント。
 ほろ苦さの中に酸味があって美味しいですね~♪
 黄金のカップル!

 2種類それぞれの配分が異なるのもミソですよね。
 果物系は水分が出てしまうので、空洞が出来てしまうのは仕方がないのだとか。
 アーモンドやくるみなど、ナッツ系を使う方が楽チンのようです。

 これは何かの時に重宝しそうですよ!
 パン?・・・では明らかに違うくくりのビスコッティだけど、作り方を学べて良かったです(^^)
 とりあえず、今日作った分は明日からの旅のお供に。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

【ABCクッキング】2011年春シリーズS-5

019

 2011年春シーズンS-5は、ごぼう☆バトン。
 味付けした角切りごぼうを巻き込んで、バトンのように細長く成形するから名づけられたパン。
 上に塗ったしょう油マヨネーズの風味が効いた味わい深いお惣菜パンです。

 震災の影響もあって、関東以北のスタジオでは春シーズンが7月末までの受講が延長。
 おかげさまで本日作ってくることができました。

 こちらのパン、以前から人気が高くて作りたかったんですよね~。
 なのに忘れてた^^;
 もったいぶって後に回していたこともあって、あわや取りそびれるところでもありました。
 アブナイアブナイ・・・

 強力粉に小麦粉を混ぜた軽い生地を使って作るパンは細く伸ばしたのにふっくらふわふわ。
 ごぼうもレンチンの割にはしっかりと味が付いてるし、繊維を感じながらいただけるのがいいですね♪

020

 何と言ってもこの照り!
 ハーフマヨネーズを使っているからこそ油っぽくならず流れもせず。。。なのだそうです(^^)
 上にパラパラとふったゴマもしっかり馴染んでくっついてくれているのもgoodです。

 硬めにしっかりと巻きあげたこともあって、レシピよりも穴があかずおかげでふっくらしたのかしらね。
 基本シンプルに作れる・・・美味しいパンでした。

 さてさて、次は春パンのハニーティアラを残して夏パンに突入~
 次回は旅行の前日のレッスンなので、おもたせでビスコッティを作ろうかと。
 今日お隣で作っていらっしゃるのを見て思いつきました。
 ビスコッティは、コーヒー好き、お酒好きのおやつとして重宝しそうです(^^)
 楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

【ABCクッキング】ブレッドCclass W.

20110710135043

 本日2コマ目。
 Wのカマンベールノアです。

 2コマ連続なのにデジカメを忘れてしまったのは、やはり失敗(>_<)

20110710140321

 基礎クラスの中でも、このカマンベールノアは大好きなパン。

 フランスパンと同じ配合の粉を使ったパンは歯ごたえしっかり。
 その上、大好きなチーズが入って岩塩をふって。
 バタートップのようにバターを載せて焼くので風味がとても良いのです(^^)

 復習チケットを使って、作るのは3回目になるかしら。
 カマンベールチーズは柔らかくてべたつくため、切り分ける前には冷凍庫で凍らせて、切ってからも使うまでは冷凍庫で保管。。。
 おかでさまで成形時はとても扱いやすかったですね。

 成形はたたんでたたんで・・・
 ABCで作るフランスパンの成形は違うのだけど、この方法はフランスパン成形のひとつなんですって。
 フランスパン作りで失敗している私にとってはこちらの成形の方が作りやすいな~と^^;
 今回は岩塩を振り過ぎなかったので塩っけもまずまずで大成功。
 美味しくいただきました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ABCクッキング】ブレッドBclass I.

20110710122257

 久々のABC。
 ドリーマーズ復習チケットでIのスウィートパンプキンを作ってきました。

 いつものデジカメを忘れてしまったので、携帯で撮影。
 ・・・色がまずいですねぇ(-_-;)

20110710122347

 ランドマークスタジオのオーブンは新しいものになってからかなり火力が強くなってしまったので、以前よりも色づきが良くなってしまったこともあるのですが。。。

 それでも生地はふんわりしっとり。
 見た目以外は味も良く、仕上がりは満足でした(^^)

 担任のY先生が復職されたので、私も2ヶ月ぶりの復活(笑)
 夏ならではのバターシュガーの取り扱い方法なども教えていただいたり、笑いの絶えないテーブルで楽しくレッスン♪
 そう言えば、このパン、ゆうこりんが大好きなんですって!
 今までTVで7回も見た~とのY先生のお話に、みんなで大笑い。
 それだけ見るっていうのも縁と言うのか、それはそれですごいですよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

ん? NOAHにハイブリッド車?

018

 通勤途中、2日間続けて目の前を走っていた車。

 ん?NOAHにハイブリッド車なんてあったっけ???

10102062_200708dd_4 トヨタのハイブリッドロゴがついてたので、あれれ?と。。。


 トヨタのホームページを見てみると、現在のラインナップはサイ、プリウス、プリウスα、エスティマハイブリッド、クラウンハイブリッド、ハリアーハイブリッドの6車種。

 そう言えば、旧型のアルファードにはハイブリッドがありましたよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のエコ

017

 先日帰宅してびっくり!
 玄関先にすだれ登場です^^;

 我が家の玄関は西向きなので、夏の日差し・・・特に夕日が入ってとにかく暑い。
 少しでも省エネになればということで、父親が設置したようです。

 それにしても全く中が見えないと言うのも。。。
 不思議な感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

7月3連休

 7月16・17・18日の3連休。

 「白州に癒しの旅に出た~~~い」と先輩。

 とりあえず日程の合う17~18日の1泊2日で出掛けることに。

 夏休み前の3連休。
 なんとなく嫌~な予感はしていたのですが。。。

 「カサデモンテが満室で泊まれないらしいの~~~」とメール。
 ・・・後から聞いた話、先輩はこの時泊まれないことでかなり焦っていたらしい^^;

 で、共済組合が提携している周辺の施設をネット検索。
 ようやく空室を見つけられたのが、八ヶ岳高原花ホテル。
 先輩もとりあえずホッとしたみたいで、私もホッ。

 今回は少し早目に出発して、前回ランチ終了で入店できなかった山梨の農園カフェレストランhakariでランチを食べることを狙ってます。
 それからはどこかでコーヒー飲んでチェックインして・・・といつも通りのコースかな。
 2日目は一宮の春香園さんに寄ってのんびりできればと(^^)

 花ホテル、初体験なので期待感あり不安感もあり。

 白州のカサデモンテさんには、「9月に入って落ち着いた頃に出掛けられればいいねー」と話してます。
 10月には今年も台ケ原宿市は開催されるのかな?
 もしかしたらその頃にずれ込むかもしれませんが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

【横浜・金沢】長峰製茶 抹茶ゼリーソフト

030

 昨日、7月3日はソフトクリームの日♪

 昭和26年の7月3日に、当時日本を占領していた連合軍がアメリカの独立記念日を祝して明治神宮外苑にソフトクリームの店を立ち上げ広めたことがいわれなのだとか。

 能見台で買い物して帰る途中の車の中、FM yokohamaからそんな会話が流れてきたこともあって、買い物帰りに幸浦の長峰製茶横浜金沢店に出掛けてきました。

028

 日曜日のほぼ15時近く。
 暑い日だったせいか、特売日の前だからか、店内の入りはまばら。
 特売日に会員クーポンが出ている時は席を確保するのも大変と言うのに、私達の前に1組。そして後から1組。。。
 なかなか静かで過ごしやすかったです。

031
 涼しげな色に誘われ、今回は抹茶ゼリーソフトを注文。
 トッピングのソフトクリームはもちろん抹茶ソフト。
 やはりお茶屋さんの抹茶ソフトははずせませんよね~♪
 濃厚(^^)

032

 ソフトの下のゼリーはまさしく翡翠色。
 ツルンとした柔らかめのゼリーは冷たく、こちらもソフトクリームに負けないぐらいしっかりとしたお茶の味が利いています。

 工場地帯にある製茶工場直送の長峰製茶
 知る人ぞ知る、和のカフェスペース。
 基本的に年中無休で9:00~18:00オープン。

 工場地帯の中なので景色におしゃれ感はないですが、和スウィーツでまったりしたひと時を送りたい方にはオススメ。。。のスポットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ロクシタン】エンジェルグラスシリーズ新登場

027

 ロクシタンの基礎化粧、エンジェルグラスシリーズが新登場です。

 香りはグリーン系。
 草の香り。
 今までの化粧水よりもさらっとした使用感。
 化粧水はすーーっと肌に馴染んでいきます。

 クレンジングと洗顔が1本なのもいいですね。
 面倒臭がりの私にはgood♪
 「化粧してても必ず顔を濡らしてから使用してくださいね」と店員さんに言われた通り使ってみると、あらかじめ泡だててなくても顔の上で泡立つ泡立つ。。。
 洗い上がりはさらっと。

 乳液もべたつきを感じず。
 日中化粧前には日焼け止め用日中用乳液も合わせて使用。
 UV特有の液ではあるのだけど、それほど白っぽくならず付け心地も厚さを感じず。
 美容クリームも重さを感じないのがいいですね。

 全体的にさらっとした感じ。
 夏の基礎化粧にはもってこい?!
 私にとっても活用度の高いシリーズになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

【長野】女3人 1泊2日の木曽路旅 2日目その3

 車はR361からR19へ。
 最終目的地奈良井宿に向かいます。

162

 木曽福島から向かって、奈良井宿交差点を左折。
 あちこち立ち寄って時間もかなり遅くなってしまったことが幸いしてか、線路を越える手前の駐車場に入ることができました。

 とにかくこの奈良井宿、NHK朝の連ドラ『おひさま』のロケ地となったことから観光客がうなぎ登りに増えているのだそう。
 日本最長の宿場町で、奈良井川に沿った約1kmの町並みは現存する数少ない景観だそうで。。。
 それだけでもワクワクしてしまいます。

164

 駐車場から線路を渡って、いざ奈良井宿の町並みへ。
 入口にはお土産屋さんが多いですね。

 低い建物の向こうに緑の山。。。
 すでに素敵な景観が目の前に広がっています。

166
 朝方巡った福島宿もそうだったけれど、電線はすべて地下に埋めてあるんですね。
 視界を遮るものもなく、自然と調和した建物が織りなす風景を楽しむことができます。

168 169

 こちらは、『おひさま』であめ屋さんとして使われたお宅。
 上手い具合に変化させるものですね。

173

 街道の途中には、このような写真も・・・

170175176

 奈良井宿は旧中山道の宿場町。
 中山道67宿中、江戸側の板橋宿からも京側の守山宿から数えても34番目に位置するちょうどど真ん中の宿場町。
 そして、木曽11宿の中では江戸側から2番目。もっとも標高が高く、難所の鳥居峠を控え多くの旅人で賑わったそうです。
 この辺り、山間部ですからね~
 旅も一筋縄ではいかなかったのかもしれませんね。

185190

 夕刻に近づくにつれ、観光客の姿もだいぶまばらに。。。

184191

 街道を駐車場に戻る途中、茶房こでまりさんでコーヒータイム。

193196
 
 入口はもちろん、古民家は基本的に天井が低いのですが、リフォームされたのか2階まで吹き抜けになっているので圧迫感がなく雰囲気もgood♪
 それでいて昔ながらの建物使いに心が落ち着きます。
 コーヒーカップはさすがに陶器だったけれど、ケーキ皿もフォークも木曽漆器なのが良いですね(^^)
 甘すぎないケーキと酸味の少ないコーヒーは私好みでした♪

203

 最後に、引き寄せられるように大宝寺に参拝し、奈良井宿を後にしたのは18時過ぎ。
 私が生まれた時にはすでにこんな風景はなかった訳だけど、どこか懐かしさを感じる町並み。
 遺伝子が記憶しているのでしょうか。。。
 とても心癒される場所でした。

 1泊2日の旅ではあったけれど、はじめての木曽路旅・・・なかなか濃厚な旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【長野】女3人 1泊2日の木曽路旅 2日目その2

 木曽福島からR361を走ること30分。
 道路の右側に見えてきたのが開田高原アイスクリーム工房
 先輩オススメのアイスクリーム販売所に到着です。

116_2117_2

 12時近くに訪れた頃は20台近くある駐車場はほぼ満車。
 なんとか空いてる場所に突っ込んだ感じで駐車することができました。

115_2
 「ここに来たらまずこれを食べてみて!」
 と先輩方に勧められいただいたのが、とうもろこしミックスソフト。
 実は少し前に、違う場所でとうもろこしソフトを食べた人から「あれは食べない方がいい」・・・と聞いていたので、出たぁ~って感じで少しこわごわだったのね^^;
 まずはひと口。
 んっ!美味しいです♪
 思っていたよりさらっとした感じ。

 こちらの商品は、すべて地元のものを使っているとのこと。
 この美味しさは、牛乳の濃厚さと卵の味わい深さ、そして生でも食べることが出来ると言う開田高原特産の甘味の強いとうもろこしを使ったとうもろこしソフトクリームだからこそなのかもしれませんね。
 同じ土地で出来た素材が奏でるハーモニー♪
 さらっとしているのであっという間にいただけてしまいます。

 もう1本食べた~い!!
 一度食べたら病みつきになるお味。。。に納得(^^)

135_2118_2

 次に向かったのは、信州開田高原 木曽馬の里
 お天気が良ければ御嶽山を臨めるベストビューらしいのだけど、この日は残念ながら雲が熱くて御嶽山の姿をちらっとも拝むことはできなかったのは残念×

122_2

 こちらは樹齢300年のシンボルツリー。

123_2127_2

 高原の緑がとても素敵な季節です。

128
 高原ならではの気候。
 街中よりも涼しいようで、名物のそばの花はまだまだ。。。
 でも、きれいで可憐な野花たちが迎えてくれました。

130_2129_2131

 放牧されている木曽馬さん達。
 とても穏やかで人を怖がることなく、自然と近くまで寄ってきてくれます(^^)
 遊びに来ている子ども達も大喜び♪
 なかなかたくさんの馬と触れ合う機会もないですからね~
 癒しのひと時です。

 それにしても、馬たちのお腹がだいぶ膨らんでいるような。。。
 繁殖期なのかしら。

 自然の空気を吸いながらの散策後は、空腹をいやしにお食事処へ。
 たんと朝ごはんをいただいたというのにあっという間にお腹が空いてしまいました。

 そして向かったのは、開田高原に向かう途中、R361の途中に見かけたお蕎麦屋さん時香忘(じこうぼう)

138_2154

 20台近くは入るだろう駐車場からエントランスを抜けて、ようやくたどり着く入口。
 すでに13時は回っていたのに私達の前にも何組かが順番待ちをしていました。

145_2149_2

 30~40分待ちぐらいで席に通され、またまた20分ぐらい待ったかしら。
 いただいたのは焼き蕎麦掻きと粗挽きおやまぼくち蕎麦。
 幻の蕎麦・・・と言われるゆえんは、幻の山菜おやまぼくちの葉脈をつなぎに使った蕎麦を提供しているからなのだそう。
 そばの実を粗引きし、すべてを使って打った十割そば。
 見栄えゴツゴツボソボソしています。
 でも見た目から受ける印象とは全く違い、喉ごしがツルッとしていることに驚きました。
 食べている最中も、途中からブチッと切れることがないところがおやまぼくちの力なのでしょう。
 ご主人の拘りが目に見える、気持ちの良い一品です。
 出汁のきいたつゆは薄味。関西風と言うのでしょうか。
 駐車場に置かれた車のナンバーがほとんど関西系だったのは、つゆの味にも関係していたのかもしれません。

 焼き蕎麦掻きは磯辺にしていただくスタイル。
 あっつあつをふーふーしながら口に運ぶと、香ばしい風味と甘味がふわっと口の中に広がります。
 これは病みつきになりますね(^^)

 冷たいお蕎麦もいただいていたので、女3人で1皿・・・で十分な量。
 お味もサービスも雰囲気も、すべてひっくるめて満足な時香忘でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【長野】女3人 1泊2日の木曽路旅 2日目その1

076

 木曽路旅行の2日目。
 のんびりした朝のはじまりは彩り豊かな朝食から(^^)

077078

 凍り豆腐に信州サーモン。
 器も朱塗りの木曽漆器が使われて目にも鮮やかで高級感を感じさせます。

081

 とにかくご飯が美味しい♪
 若干私には味が濃い目なのだけど、朝から食事がすすみます。

084

 朝ももちろんおごっつおあり。
 サラダにお漬物、ジュースなどなど。。。
 左側にあるお釜で炊かれたご飯がなんといっても美味しいの。
 お米は伊那のものを使っているのだそうです。
 082  
 〆はヨーグルト。
 りんご一切れと手作りのリンゴジャムを載せていただきました。

085
 
 食後は宿周辺、福島宿の町並みを散策。

087 

 町の方々が、朝から清掃活動に励まれていました。

089091

 古き良き時代を思わせる町並み。
 坂はあるけれど、町並みに気を取られて歩くためかそれほどきつさは感じさせられません。

090

 こちらのお宅は築200年。
 TV番組の大改造!!劇的ビフォーアフターで改装されたのだそうです。
 詳しくは→こちら

088094


 昨日標識で見た「上の段」 てこの辺りになるんですね。
 道路は舗装されているけれど、住宅は昔ながら。
 景観を残すため、電線はすべて地下に埋められているようです。
 まさに時代劇に出てきそうな町並み。風景が広がっていました。

095
096  
 古井戸。
 タイムトリップしてしまったような感覚を受けますね。

098
097

 散策の途中ふらっと立ち寄った海老屋さん。
 地元の木曽漆器を扱うお店で、私はお箸を購入。
 先輩が写真の桶を購入。
 こちらのサワラのすし桶スリ漆塗りは、水や汚れに強くて白木地のものより何倍も丈夫なんですって!
 お鍋の時の具材を載せておくのもオススメだとか。。。
 びっくりですね。

099108

 木曽福島の朝はとても早くて、7~8時頃から営業しているお店がたくさんあるので朝から楽しむことができました。

104102

 お店でのんびりしてしまったのでチェックアウトの10時が間近に!
 早歩きで宿に戻る途中にあった親水公園。
 こちらには足湯があったのですが、時間がなくて素通り。。。
 ああ残念。

 たくさんのお客さんで大賑わいだった館内も10時のチェックアウトに向けてだんだんと静かになっていきます。
 そして私達が一番最後のチェックアウト。
 最後の最後にいろいろ美味しい情報を教えていただいてしまいました^/^
 お宿の前に車を置かせてもらってお買いもの。

107106

 御菓子司 田ぐちで木曽福島名物の朴葉巻き。
 端午の節句に柏餅をいただくように、こちらの地方では米粉を練った餅にあんを入れ朴葉で包んだこちらのお菓子をいただくのだそうです。
 独特な朴の香りのついたさらっとしたお餅は、香りの好きな方なら病みつきになるのでは?
 日持ちは3日間・・・ということでおみやげ購入で1個しか食べられなかったのが残念。
 次はもう少し食べられるように購入したいな。
 ・・・と言っても5月中旬から7月下旬までの限定販売。
 すんきの季節にはいただけないようです。

110111

 車を出して、木曽川の向こうにある中善酒造さんへ。
 「あるかどうかわからないけれど、新聞紙にくるまれたお酒が美味しいらしいの」との噂を聞いて、あるかどうかわからないお酒を求めてやってきた私達。
 お店に入ってすぐ目の前に飛び込んできたお酒を見て、「これじゃない~!」と大歓声。
 確かに新聞紙で包まれています。

 2種類あるお酒のお値段の差はお米の産地なのだそうです。
 運転手の私は試飲できないので、先輩方に聞いたところ左の100円高い物の方が甘さがあり、右の方がどっしりとしているとか。
 仕込みは一緒でも、使うお米によって味わいが変わるんですね。
 左のものを1本いただいて帰ってきました。

 さーてお次は、目的地の奈良井宿に直行・・・の予定だったのですが、開田高原が以外に近いとのことでちょこっと寄り道。
 美味しいソフトクリームが食べた~いと言う先輩方のリクエストに答えて、新緑あふれる高原を目指してドライブすることとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

【長野】女3人 1泊2日の木曽路旅 1日目

 雑誌KURAに掲載されていた旅館に泊まろう!という話が出たのが今年はじめ。
 3月12日の予定で1泊予約を入れていたのが震災関係で出掛けられなくなり、キャンセル。
 ようやく落ち着いてきたこともあって、先週の土日に1泊2日でリベンジ旅行に出掛けてきました。

013008

 ランチは安曇野のそば処栄作さんで、天ざるを注文。
 お水がいいんでしょうね。
 蕎麦はとても涼しく喉ごしの良いものでした。
 さくっと揚がった天ぷらも美味しくて大満足♪
 でもそのボリュームにノックダウン。
 大きな海老2本中1本を残さざるを得なかったのがとても残念でした(>_<)

 安曇野と言えば、NHK朝の連ドラ『おひさま』の舞台。
 どこに行っても『おひさま』で盛り上がっています(^^)

015016

 『おひさま』公認のあづみ野バウムと月と梅うさぎ。
 そば処栄作さんでも売っていたのだけど、おみやげには足りなくてわざわざあづみ野菓子工房彩香(saica)さんまで足を伸ばしてみました。

 旅行早々からお土産を買いこんで一般道でのんびり木曽路に向かう途中、「コーヒーが飲みたいねぇ」と、持っていたKURAでカフェ検索。
 自家製チーズケーキが美味しそうで雰囲気も良さそうな豆んちカフェをチョイス!
 チーズケーキはプレーン、キャラメル、杏仁の3種類。
 プレーンは3種類のチーズを合わせているんですって。
 チーズ好きにはやっぱりプレーンでしょ~・・・って事で、私はプレーンを注文。
 お味の方は、想像以上に美味しかったです!!
 チーズは濃厚甘さ抑えめで、付け合わせのクラッカーに少しずつ塗っていただく感じがまたgood♪

028
026

 コーヒータイムを終了し、さらに一般道で進む予定が松本市内で渋滞に巻き込まれ。。。
 松本ICから塩尻ICまで長野自動車道にのってしまいました~
 塩尻ICを下りてからの一般道はスムーズで快適ドライブ♪

 明日訪れる予定の奈良井を右手に見ながら新緑が素敵な旧中山道・木曽路を進みます。
 
 走ること約1時間。
 目的地の街道浪漫おん宿蔦谷(tsutaya)に到着しました(^^)

046
 街道沿いのお宿。
 たたずまいも昔ながらな雰囲気です(^^)

031
 到着してすぐに通されたいろり前。
 クマザサ茶と五平餅で出迎えていただきました。

035 

 部屋からの景色も昔ながらの街並み。
 緑も素敵だし、癒されるぅ~って感じです。

 一休みしてからひと風呂浴びに。
 裏手にある木曽川に面した露天風呂の気持ち良いこと気持ち良いこと。。。
 源泉はかなり温度が低いようで沸かしている灯油の香りもかぐわしく、カエデの新緑と川の流れる音に夢心地な時間を過ごしました。
 のんびりとした時間・・・いいですねぇ~
037  
 お風呂を浴びた後は、ロビー近くにあるお休み処で冷たいお水で喉をうるおします。
 冷たくて甘い!!
 目の前に酒造があるぐらいなので、この辺りのお水は美味しいのでしょうね。
 そしてこの樽。
 木曽漆器の産地ならではの漆塗りです。
 艶といい手触りとしい。。。重厚感あふれて素敵でした。

 夕食にちょっぴり時間があったので、風呂上がりの浴衣に羽織りというスタイルで、近場を散策。
 玄関先に下駄があったので、そちらを利用させていただきました(^^)
041
 目の前の酒造の脇道。伊勢町小道。
 長く続く白壁が古き良き時代を彷彿とさせてくれます。
 044  
 そしてこちらは上の段に続く階段。
 上って下りる時間はなかったので、お楽しみは明日に持ち越しです。

 そして、待ちに待った夕食の時間。。。

049057058067069

  おん宿蔦谷(tsutaya) さんを選んだのは、これこれ、お料理がとーっても美味しそうだったからなんです(^^)
 お食事処でいただくスタイルなのですが、洗練された食材をひとつひとつ丁寧に作っているのね~と感動させられるお料理のオンパレード。
 写真でアップしたお料理以外のものも次々と配膳されてきます。

061

 飲み物は、1杯目は自家製梅酒。で、2杯目に地酒の利き酒セットを注文。
 みんな木曽の美味しいお水を使ったお酒なのだけど、全く違う味わいを楽しみました。

066

 さてさて、テーブルまで運ばれるお料理だけでも品数豊富なのに、加えてビュッフェ方式のお料理もあるんです!
 こちらの地方ではおもてなし料理を意味する”おごっつお”。
 若女将手作りの漬物などなど・・・本日のメニューリストの裏側にびっしりとお料理名が書かれておりました。

060

 季節柄、幻の漬物”すんき”がいただけなかったのは残念×
 次回はすんきの季節に合わせて訪れたいものです。

 デザートはお食事処から場所を変え、1Fのロビーでくつろぎながらいただくタイプ。
 「お好きなところにどうぞ」と案内され、ソファに腰を落ち着ける。
 ・・・と、運ばれてきたのがこれまた豪華なデザート。

071

 塩アイスに、フルーツが載ったワインゼリー、カステラ。
 ポットで用意されたコーヒーはおかわり自由。

 食事だけでもお腹いっぱい堪能させていただいたのに、デザートでまたまた大満足!!
 お味だけでなく目にも美しく、彩り豊かなお料理に3人で口をそろえて「ここにして良かったね」と。
 何度でも訪れたくなる気持ちが解りますね~

 お腹がいっぱいになったら次は眠気(-_-)zzz
 幸せな気持ちを抱えて床についた私です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »