« 高速道路無料化社会実験終了 | トップページ | 【長野】女3人 1泊2日の木曽路旅 2日目その1 »

2011年7月 2日 (土)

【長野】女3人 1泊2日の木曽路旅 1日目

 雑誌KURAに掲載されていた旅館に泊まろう!という話が出たのが今年はじめ。
 3月12日の予定で1泊予約を入れていたのが震災関係で出掛けられなくなり、キャンセル。
 ようやく落ち着いてきたこともあって、先週の土日に1泊2日でリベンジ旅行に出掛けてきました。

013008

 ランチは安曇野のそば処栄作さんで、天ざるを注文。
 お水がいいんでしょうね。
 蕎麦はとても涼しく喉ごしの良いものでした。
 さくっと揚がった天ぷらも美味しくて大満足♪
 でもそのボリュームにノックダウン。
 大きな海老2本中1本を残さざるを得なかったのがとても残念でした(>_<)

 安曇野と言えば、NHK朝の連ドラ『おひさま』の舞台。
 どこに行っても『おひさま』で盛り上がっています(^^)

015016

 『おひさま』公認のあづみ野バウムと月と梅うさぎ。
 そば処栄作さんでも売っていたのだけど、おみやげには足りなくてわざわざあづみ野菓子工房彩香(saica)さんまで足を伸ばしてみました。

 旅行早々からお土産を買いこんで一般道でのんびり木曽路に向かう途中、「コーヒーが飲みたいねぇ」と、持っていたKURAでカフェ検索。
 自家製チーズケーキが美味しそうで雰囲気も良さそうな豆んちカフェをチョイス!
 チーズケーキはプレーン、キャラメル、杏仁の3種類。
 プレーンは3種類のチーズを合わせているんですって。
 チーズ好きにはやっぱりプレーンでしょ~・・・って事で、私はプレーンを注文。
 お味の方は、想像以上に美味しかったです!!
 チーズは濃厚甘さ抑えめで、付け合わせのクラッカーに少しずつ塗っていただく感じがまたgood♪

028
026

 コーヒータイムを終了し、さらに一般道で進む予定が松本市内で渋滞に巻き込まれ。。。
 松本ICから塩尻ICまで長野自動車道にのってしまいました~
 塩尻ICを下りてからの一般道はスムーズで快適ドライブ♪

 明日訪れる予定の奈良井を右手に見ながら新緑が素敵な旧中山道・木曽路を進みます。
 
 走ること約1時間。
 目的地の街道浪漫おん宿蔦谷(tsutaya)に到着しました(^^)

046
 街道沿いのお宿。
 たたずまいも昔ながらな雰囲気です(^^)

031
 到着してすぐに通されたいろり前。
 クマザサ茶と五平餅で出迎えていただきました。

035 

 部屋からの景色も昔ながらの街並み。
 緑も素敵だし、癒されるぅ~って感じです。

 一休みしてからひと風呂浴びに。
 裏手にある木曽川に面した露天風呂の気持ち良いこと気持ち良いこと。。。
 源泉はかなり温度が低いようで沸かしている灯油の香りもかぐわしく、カエデの新緑と川の流れる音に夢心地な時間を過ごしました。
 のんびりとした時間・・・いいですねぇ~
037  
 お風呂を浴びた後は、ロビー近くにあるお休み処で冷たいお水で喉をうるおします。
 冷たくて甘い!!
 目の前に酒造があるぐらいなので、この辺りのお水は美味しいのでしょうね。
 そしてこの樽。
 木曽漆器の産地ならではの漆塗りです。
 艶といい手触りとしい。。。重厚感あふれて素敵でした。

 夕食にちょっぴり時間があったので、風呂上がりの浴衣に羽織りというスタイルで、近場を散策。
 玄関先に下駄があったので、そちらを利用させていただきました(^^)
041
 目の前の酒造の脇道。伊勢町小道。
 長く続く白壁が古き良き時代を彷彿とさせてくれます。
 044  
 そしてこちらは上の段に続く階段。
 上って下りる時間はなかったので、お楽しみは明日に持ち越しです。

 そして、待ちに待った夕食の時間。。。

049057058067069

  おん宿蔦谷(tsutaya) さんを選んだのは、これこれ、お料理がとーっても美味しそうだったからなんです(^^)
 お食事処でいただくスタイルなのですが、洗練された食材をひとつひとつ丁寧に作っているのね~と感動させられるお料理のオンパレード。
 写真でアップしたお料理以外のものも次々と配膳されてきます。

061

 飲み物は、1杯目は自家製梅酒。で、2杯目に地酒の利き酒セットを注文。
 みんな木曽の美味しいお水を使ったお酒なのだけど、全く違う味わいを楽しみました。

066

 さてさて、テーブルまで運ばれるお料理だけでも品数豊富なのに、加えてビュッフェ方式のお料理もあるんです!
 こちらの地方ではおもてなし料理を意味する”おごっつお”。
 若女将手作りの漬物などなど・・・本日のメニューリストの裏側にびっしりとお料理名が書かれておりました。

060

 季節柄、幻の漬物”すんき”がいただけなかったのは残念×
 次回はすんきの季節に合わせて訪れたいものです。

 デザートはお食事処から場所を変え、1Fのロビーでくつろぎながらいただくタイプ。
 「お好きなところにどうぞ」と案内され、ソファに腰を落ち着ける。
 ・・・と、運ばれてきたのがこれまた豪華なデザート。

071

 塩アイスに、フルーツが載ったワインゼリー、カステラ。
 ポットで用意されたコーヒーはおかわり自由。

 食事だけでもお腹いっぱい堪能させていただいたのに、デザートでまたまた大満足!!
 お味だけでなく目にも美しく、彩り豊かなお料理に3人で口をそろえて「ここにして良かったね」と。
 何度でも訪れたくなる気持ちが解りますね~

 お腹がいっぱいになったら次は眠気(-_-)zzz
 幸せな気持ちを抱えて床についた私です。 

|

« 高速道路無料化社会実験終了 | トップページ | 【長野】女3人 1泊2日の木曽路旅 2日目その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/52049367

この記事へのトラックバック一覧です: 【長野】女3人 1泊2日の木曽路旅 1日目:

« 高速道路無料化社会実験終了 | トップページ | 【長野】女3人 1泊2日の木曽路旅 2日目その1 »