« Wan7月号 レトリーバーのすべて。 | トップページ | 投票済証明書 »

2010年7月 5日 (月)

箱根~鎌倉ドライブ

 先輩と3人、ちょうど休みが合ったので食べるのと温泉に入りに、雨が時々降る天気の中、箱根までドライブしてきました。

 本牧に自宅のある先輩を載せて、行きは新山下から首都高速狩場線~保土ヶ谷バイパス~東名高速御殿場ICを出て箱根まで。
 横浜町田ICから御殿場ICまでの区間、割引で1,050円。ETC割引って今でも存在するんですね。

009 乙女トンネルを抜けて、まずはじめに向かったのが仙石原箱根ガーデン
 ホテルの1Fに入っている箱根ベーカリーのパンが美味しいとのことで、朝食にパンとコーヒーをいただくことにしました。

002 
 ホテルのたたずまいは昔ながらの保養所といった感じですが、中に入るととてもモダンで素敵♪ 美味しいパンとコーヒーを、手入れの行きとどいたお庭の緑を見ながらいただけることに幸せを感じます。都会の雑踏からかけ離れた涼しい空気に、鳥のさえずりもあちらこちらから聞こえてきてリゾート感たっぷり。

004 天然酵母を作って焼き上げたパンは、素材も贅沢ながら具材もたっぷり。パンを買いにいらっしゃるご近所の常連さんがいるほどのベーカリー。しっかりした味わいのパンがいただきたい人にオススメのパン屋さんです。
 いただいた後におみやげとして3個購入。
 つい通り過ぎてしまう場所だったけれど、いいところを教えてもらいました(^^)
010 そして、建物の裏手に見つけたドッグラン。
 それほど広くはないけれど、なかなか楽しめそうな場所。調べてみると、犬と一緒に宿泊できるプランもあるんですね~
 ベーカリーのカフェもテラスはペット同伴OK。
 まったりしに出掛けるのにはいい場所かもしれないな(^^)

 11:15を回って、せっかくだから温泉に入りたいねーと、情報誌を見ながら品定め。
 宮ノ下の日帰り施設が気になったけれど、箱根ラリック美術館でランチを食べることに決めていたので、できるだけ近辺で・・・ということでホテルグリーンプラザ箱根へ出発。
 しかし、箱根グリーンプラザの日帰り入浴は12:00~
 待っているのももったいない・・・と、乙女トンネルに入る前の道路脇に見つけた富士八景の湯まで戻ることにしました。

012 
 到着したのは12:00近く。
 駐車場に車が数台停まってはいたけれど、やはりお昼時。それほど混雑していることもなく、ほとんど貸し切り状態でゆっくり湯につかることが出来ました(^^)

 お風呂からあがった後、本当はのんびり休憩室で過ごしたかったのだけど、ランチの時間もあり。。。
 14:30頃富士八景の湯を後にしたのでした。

016 そして、また乙女峠を上り、仙石原の箱根ラリック美術館へ。
 ランチタイムは16:00まで。けっこう長くランチがいただけるんですね(^^)
 駐車場には、300円だったかな?支払って入ります。でも、レストランを利用するのに、美術館の入館料は取られなかったんです。
017 美術館入り口は右側で、門の手前にチケット売り場もあるのだけど、門の左側にいたスタッフに「こちらへどうぞ」と言われ、さくっとレストランに入ることができました。
 レストランの名前はCAFE&RESTAURANT LYS(リス)

028 
019 
 店内は三面ガラス張りで、中庭の四季折々の景色を見ながら料理をいただけるのがいいですね(^^)
 席数は100席。
 予約は受け付けていないのだそうです。
 この日は雨降りで残念ながらテラス席は解放されていなかったのだけど、今の季節、まだ紫陽花が咲き始めたばかりの標高の高い箱根の空気は冷たくて、きっと気持ちが良いいと思うんですよね~。
 お天気にはすぐに埋まってしまうというのも納得です。

021 時間が遅かったこともあり、肉、魚のランチは終わっていたので、ランチプレート(1,900円)をチョイス。
 地元湘南の朝採れ新鮮野菜のサラダに、自家製天然酵母(じゃがいも)で作った自家製パン。ふっわふわで甘くて美味しかった~♪ 添えられていたのは、ハーブを入れたこれまた自家製のバターで、さらっとしたバターの中に薄~く香るハーブが外の緑同様すがすがしさを感じさせてくれました(^^)

 それに、ランチタイムのドリンクは1杯のみ。。。というところが多いのだけど、こちらはお代わり自由。
 ホットコーヒーかアイスブレンドティーの2種類しかないのだけど、お願いすれば何杯でも注いでくれるんです。
 時間の関係で空いていたのもあったかもしれないけれど、お店の方の対応も良くて、お料理の説明からコーヒーの注ぎ足しまで、3人ともに満足させていただきました。

 そうそう、先輩のひとりがお肉ダメなんですけど、そのことを話すと、プレート料理の肉を魚(ホタテ)にも変更してもらうこともできました。
 こういうサービスって嬉しいですね。

024 そしてメインは、季節の魚と肉料理の乗ったプレート。
 仕切りに緑の筋が付いていたけれど、これって粉末にした足柄茶ではないかしら。
 情報誌にも書かれていることだけど、「自然の恵み」をテーマに、「地産地消」メニューを提供してくれているところが人気のレストランなんですよね。

020 
 そして、思った以上に美味しかったのが、こちらのポテト。
 どっさり入っていていくだだったかな?
 そんなに安くはなかったとは思うけれど、1,000円はしなかったと思う。。。
 揚げ具合も味付けもgoodの上、付け合わせのサワークリームとケチャップもgood♪
 ランチよりも忘れられないお味になりましたね~
 ぜひたくさんの人に食べてもらいたいお味です(^^)

 デザートも美味しいようですね。
 今度はカフェ利用もしてみたいと思います。

029 レストランの隣にあるLE TRAIN(ル・トラン)。
 オリエント急行のサロンカーを特別展示しているもの。約45分のビデオ上映と車内見学とコーヒー&デザート付きで2,100円。1回につき20名なのだけど、たくさんの人が並んでいましたよ。
 内覧希望の方が多いようです。

 「今度はお茶しに行きたいね」と、たまたま持参していたのが湘南・鎌倉のカフェ本。
 「西湘バイパスがタダになったみたいだから下に下りてみる~?」ということになり、久々に小田原方面に走ってみました。
 社会実験でのきなみ1.51%ぐらいの利用増という話だけれど、この日は雨降りだったこともあってか土曜日だったけれどそれほど混雑した感じはなかったですね。
 平塚~茅ヶ崎あたりでちょっと渋滞があったけれど、それはいつものこと。
 ただ、これから海遊びシーズンになって渋滞がどうなるか。。。 よほどのことがない限り、週末に西湘バイパスは使いたくないですね^^;

035 目的地の長谷に到着したのは18時過ぎ。
 ドライブの〆は、長谷にあるOKASHI0467(ゼロヨンロクナナ)でコーヒーとケーキをいただいてきました。

 店舗奥は人がたくさんで、「もしかしたら入れない?」と心配したけれど、2Fにも席があってそちらに通されました。
 古い民家を改造して作られた店舗は、天井には太い梁と昔ながらの窓ガラス。椅子はソファもチェアもブラックモダンなものなのだけど、昔懐かしさがただよう室内に違和感なく存在していて、ゆったりとくつろぐことができます。

038 
033 さてさて、ケーキはすべてナンバーが付けられていて、ショウケースにはバラバラに置かれていたのだけど、3人が選んだのがなぜかNo.3、4、5と並んでしまったのには笑っちゃいました。

 ちなみに私が頼んだのは、No.3(473円)。
 塩味クッキーの上にクリームチーズとサワークリームでさっぱりと仕上げられたチーズケーキです。
 No.4はビターチョコケーキなのだけど、ゲラント塩にブラックペッパーが入ったスパイシーさが美味。
 No.5はピスタチオ部分に酸味があって、ミルクショコラとの相性も良く、これまたさっぱりいただけるケーキ。
 ケーキとしては当たり前の素材をオリジナリティ豊かに作り上げられたケーキ達。
 すべての種類のケーキをいただいてみたくなりました。

 閉店の20時を前に店を出たら雨・・・
 この日はあちこちで雨にあったけれど、なんとなくニアミスで終わったのは素晴らしいこと。
 最後に本牧の中華料理のお店、興旺で夕飯を食べて終了。
 8時から22時までたぁ~っぷりと遊んでストレス解消!
 1日であちこち走りまわったドライブでした。

|

« Wan7月号 レトリーバーのすべて。 | トップページ | 投票済証明書 »

コメント

LYSはいいお店ですよね~。
パンが美味しかったです。
いいドライブだったみたいですね。

投稿: Ca | 2010年7月18日 (日) 08時18分

Caさん。
LYSはいいですね。
仙石原のこのあたりはドライブで必ずと言っていいほど通ってはいたのですが、美術館の中にこんなに素敵なレストランがあったんですね。
天然酵母でこんなにふわふわで甘みのあるパンはこれまたはじめてで、感動しました。
ぜひまた行ってみたいところです(^^)

投稿: くるみ | 2010年7月18日 (日) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/48792366

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根~鎌倉ドライブ:

« Wan7月号 レトリーバーのすべて。 | トップページ | 投票済証明書 »