« 再会!再会!!再会!!! | トップページ | 【横浜・上大岡】駐車場情報その8 »

2010年5月21日 (金)

『中堅看護師』の定義

 『中堅看護師』って???

 『中堅看護師』の定義は不明確ですよね。
 私もはっきりしたくて、ちょうど昨年の今頃検索していました。

 看護2007年5月号の平井さよこ先生の記事に「中堅ナースとは誰か?期待される役割」との内容が書かれています。

 その中でも、日本の病院組織では、看護職者の中での「中堅」の定義はさまざまであるとあります。
 3年目以上の経験年数を経過したものととらえるもの、10年目あたりを中堅ととらえるものなど。
 大学附属病院や都市型の中核病院のように看護職員の年齢の大半が20歳代で占められるような場合、早い時期に一通りのことが出来なければならず育成するために3~5年目あたりを定義していることが多い。
 一方で、経験5年以上たってようやく看護師としてある程度の能力に達するという報告から、5~10年目あたりと考えられることもあるらしい。

 また、ベナーなど、経験年数ではなく看護実践能力の到達度でとらえているものもある。

 詳しくは、文献をご覧ください。

 調べてみるといろいろと出てくるので、施設や部署で『中堅看護師』を語る場合、まず語句の統一をした方が良いと感じています。

|

« 再会!再会!!再会!!! | トップページ | 【横浜・上大岡】駐車場情報その8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『中堅看護師』の定義:

« 再会!再会!!再会!!! | トップページ | 【横浜・上大岡】駐車場情報その8 »