« 【エスハイ】走行距離10,000km | トップページ | 【本】フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方 »

2010年2月25日 (木)

【横浜・関内】象の鼻パーク付近をちょこっと散策

 研修帰り、まっすぐ帰ってもつまらないし~・・・と、研修センター近くの大桟橋、象の鼻パーク付近をちょこっと散策してみました。

006 象の鼻パークは、昨年開港150年を記念して、確か開港記念日の6月2日にオープンした公園です。
 横浜スタジアムから日本大通りをまっすぐぬけたところ。大桟橋の入り口付近に広がる港を見渡せる空間がこちら。

009  
 緑屋根の倉庫が無くなってしまったのは残念だけど、以前よりもずっと見通しの良い癒し空間となりました。

010 
 ここが、象の鼻と呼ばれる波止場の部分。
 もともと横浜は漁師町。大きな船を迎え入れる港ではなかったんですよね。
 安政5年(1858年)に修好通商条約が結ばれたことにより横浜港が開港されたことによって波止場が作られ、時代とともに少しずつ形を変えてきて今に至るそうです。

011 
 新旧がうまい具合に調和している都市として名前の挙がる横浜だけど、こうやって夜景を見ているだけでも「素敵だな~」と思ってしまいます。
 でも神奈川県警本庁の建物だけは風景に馴染んでないというか^^; なんとかならなかったんですかねぇ。 ・・・横浜税関(クイーン)とランドマークタワーの間にあるビルです。

014 
 横浜税関(クイーン)と神奈川県庁(キング)の横を通り過ぎて、横浜開港記念会館(ジャック)の前に。
 だいぶ暗くなってきつつあったのだけど、ライトアップによって建物が浮かび上がって見えるんです。
 まるで別世界に来た雰囲気を味わうことができます。

 大桟橋から象の鼻パークを回って横濱開港記念会館前まで。のんびり止まって写真を撮りながら歩いて・・・で1時間ぐらいだったかな。
 狭い場所だけどなかなか見応えも歩きがいもある象の鼻地区でした。

|

« 【エスハイ】走行距離10,000km | トップページ | 【本】フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/47656609

この記事へのトラックバック一覧です: 【横浜・関内】象の鼻パーク付近をちょこっと散策:

« 【エスハイ】走行距離10,000km | トップページ | 【本】フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方 »