« 【山梨】2泊3日の白州旅行 | トップページ | 【山梨・白州】尾白川渓谷 »

2008年10月20日 (月)

【山梨・白州】カサデモンテ白州

053_2 
 白州への旅。毎度白州旅行の際にはお世話になっているお宿がカサデモンテ白州さん。
 美味しいお料理と、おしゃべり好きなペンションのご主人&奥様のお話が伺いたくて、いつも先輩にリクエストしてしまいます。

 今回も、深夜明けの先輩と、午前中院内研修でお世話役として参加だった私と当直明けの先輩との3人、私の運転で横浜を14時に出発してカサデモンテさんへ。トイレ休憩はしたけれど寄り道しないで宿に到着したのが18時前。真っ暗な道を行くことになるので、迷ったのではないかと思われてたみたい^^;

019 到着してすぐに18:30からの食事。
 「業務用の焼酎が入ったから」と、すすめられて麦焼酎をお湯割りでいただく。
 「う~ん、美味しい(^^)」
 お水はサントリー南アルプスの天然水にも使われている白州の水。とにかく甘味があって美味しいお水を沸かしたもので割る焼酎の美味しいこと美味しいこと。。。
 この日はけっこう冷え込んでいたので、お湯割りが体を温めてくれました。

109 021023 
113 
 ディナーから数品を。
 野菜はほとんどが自家栽培のもの。味付けもとっても美味しいだけでなく、創作性のある素敵なメニューが食卓を飾ります。
 先輩のひとりが肉がダメなので、宿泊予約の際あらかじめ伝えておいたので魚料理に変更。
 アレルゲン除去食にも対応してくれるので、アレルギーのあるお子様連れの方も多いとか。大切なことですよね。

029 お部屋はシングルベッドが3台とサイドテーブル1つのとてもシンプルな作り。
 テレビも何もない部屋だけど、静かな空間でゆったりと過ごせるのが一番のご馳走。ここに来ると何故かそれが普通になってしまうんですよね~

032 
 手作りの品があちらこちらに。
 木造の建物は人が歩く度に「ドスドスドス・・・」と足音が立ってしまうし、もちろん隣の部屋の物音が聞こえてしまうのもあるけれど、温かいぬくもりが幸せ感を感じさせてくれるんです。

033 洗面所とトイレは集合。
 私が宿泊する時はいつも私よりも年上の方ばかりということもあって、マナーを守って静かにきれいに使われているイメージが。。。
 洗面所の蛇口をひねっただけで”白州の美味しい水”が飲めるのも良いところ。帰りがけ空いたペットボトルにお水を汲んで帰りがけにいただくのも贅沢なひとときです。

131 
 朝、ペンション周辺を散歩するのも贅沢なひととき。
 横の道を1分も歩くと田園の向こうに南アルプス連邦が目前に迫る素晴らしい風景。

046 
 道端にあったテーブルと椅子。
 農作業の合間にこちらでランチしたりお茶したりするのでしょうか。素敵な景色を見ながらの休憩だなんて、羨ましいですね。

043127048 
 季節の味覚にもあちこちで出会うことができました(^^)

050051 
 秋の山野草も。。。

062 
 珍しいむらさきしめじです。

057140 
 朝の散歩を終えての朝食。
 ご主人お手製のハムやソーセージ、ベーコンはもちろんのこと、奥様お手製の果物酵母を使って焼いた手作りパンのやさしい味。2日目のスープは、昆布といりこで出汁をとった冬瓜のスープでこれがもう美味しいのなんの。スープと言えばスープ。お吸い物と言えばお吸い物と言える一品。

059 美味しいパン作りを目指している私としては、奥さまの天然酵母のお話に釘付け!!本で読むより直接作られている方のお話はとても勉強になることばかりだったけれど、悲しいことに「やっぱり仕事を持ちながら酵母を育てることは難しいのね~」と実感してしまいました。
 時間が欲しいわ。

119 
 森の中にひっそりと建つ自然たっぷりなカサデモンテ白州。
 大好きなお宿です。

カサデモンテ白州
山梨県北杜市白州町白州7942
TEL:0551-35-2303

|

« 【山梨】2泊3日の白州旅行 | トップページ | 【山梨・白州】尾白川渓谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/42847580

この記事へのトラックバック一覧です: 【山梨・白州】カサデモンテ白州:

« 【山梨】2泊3日の白州旅行 | トップページ | 【山梨・白州】尾白川渓谷 »