« 沖縄の旅 | トップページ | 【ABCクッキング】ブレッドAclass C. »

2008年10月28日 (火)

【ABCクッキング】ブレッドAclass B.

001_2 
 Bの『メープルアーモンド』作りました。
 写真は焼きあがり。この後、溶けにくいタイプの粉糖を上から降りかけて出来上がりになります。

 メープルシュガーを使って香りを出したお菓子パン。生地にも上に掛けるクリームにもメープルシュガーが入ります。
 全卵ではなく卵黄のみが入ることもあって、油脂分が多くベタベタ手に付きやすく捏ねにくい生地。
 それでも、A~Cまでは初心者が扱う生地ということでまとまりやすくはなっているのだそう。ふわふわする生地には水分を多目に入れた方が乾燥しなくて良いということで今日は上限量の仕込み水を使用。今日の先生は、初心者には真ん中をとって作ってもらうように指導しているとのことでした。

 このパン、何に悩まされたかと言うと、最後のメープルクリームの扱い。
 とにかくダレちゃってパンの上から滑り落ち、天板の上がドロドロ^^;
 同じテーブルでご一緒した方のメープルクリームは硬め。対して私のは柔らかめ。他のテーブルの方のものはさらにさらに硬め。
 メープルシュガーの粒子の荒さや卵白の硬さによって、同じ分量で作っていても出来上がってくるものがかなり違ってくるのだそうです。先生方が何回か試作した時には硬めに出来てしまったようで、アーモンドパウダーの量でコントロールしてしまったのだとか。
 「硬さを見ながら、家ではアーモンドパウダーを増やしたりして調整してね。」と。

 それでも何とか形になったのでホッとしました。
 粉糖はかけていないのだけど、これだけでも見栄えのするパンですね(^^)
 見本のように上に膨らませるためには、パン生地の横に広がるのをおさえられるぐらいのしっかりとした型が必要なのではないかしら。

|

« 沖縄の旅 | トップページ | 【ABCクッキング】ブレッドAclass C. »

コメント

「ツナとオニオンのキッシュブレッド」は、ちょっとリッチな生地をアルミカップに敷き詰めて、上にツナとオニオン、アパレイユを流して焼くパンキッシュでした。

昨日は、山田先生が隣で基礎の授業だったんですが、私の担当の先生が契約手続きで忙しく、焼きあがった時にいなかったので、私の焼き色を見てくださり、焼き足してくださいました。
心遣いにさすが!と感心しきりでした。

私の担当が急遽今月で退職になるそうで、次の担当は山田先生にお願いしたい旨を伝えて一応了解していただきました。

港南台バーズ、うちから徒歩10分です。
ちょっとびっくり。

投稿: あすりん | 2008年10月29日 (水) 05時22分

あすりんさん。
「ツナとオニオンのキッシュブレッド」は、1dayにもないレシピですよね?写真を見たことがないかも。。。なので、ちょっと想像ができずにいます。
アパレイユって何でしょう?

あすりんさんの担任の先生も退職ですか。
山田先生が担任になってくださると、また通うのも楽しくなりそうですね(^^)
19月末n退職される先生多いのでしょうか。私もお世話になっていた先生が退職されるとのごあいさつをいただき淋しく感じているところなのです。

我が家は本郷台なので、よくバーズにも行きますよ!ご近所さんだったんですね(^^)
よろしくお願いします♪

投稿: くるみ | 2008年10月30日 (木) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ABCクッキング】ブレッドAclass B.:

« 沖縄の旅 | トップページ | 【ABCクッキング】ブレッドAclass C. »