« ゲリラ豪雨 | トップページ | ブログ通信簿 »

2008年9月 7日 (日)

【横浜・天王町】めん処 樹(たつのき)

006 天王町のサティの前にある、ラーメン屋さんめん処 樹(たつのき)
 2階を見上げれば「一麺入魂」の文字が目に入るけれど、視線が1階にあると一見見落としそうなごく普通の入口です。
 11:30オープン前にすでに並ぶお客さん達の姿。
 私たちはオープン15分前ぐらいから並んでみたのだけど、11:20にはサティ方面からドッと人の波。
 普通11:30オープンとなっていたら時間を守って開けるお店が多いところ、11:22にはドアを開けてくれました。
 ちょっとしたことですが、9月とはいえ外はまだまだ暑いですからねぇ。。。とても嬉しいサービスです(^^)

 店内に入るとすぐに食券機。
 つけ麺(600円)をオススメされていたので、見よう見まねで食券購入。
 「普通盛りは少なめだから大盛りにした方がいいよ」とも言われていたので、大盛り(+100円)付きにしてみました。

 カウンター8席の小ぢんまりした店内。15分前に並んで2組目として入れたので座席は確保。オープン時だけでも席につけない方がいらっしゃるぐらいの人気ぶりです。
 お店は開いたけれど水冷機の故障などがあって若干足踏み時間もあったけれど、それほどストレスなく目の前につけ麺が届きました。

007 
 普通のつけ麺はこんな感じ。
 特製つけ麺(900円)になるとチャーシューと玉子が付くみたいで、食いしん坊の私は他の方の麺が羨ましく見えてしまいました^^;

 つけ汁は濃い目。カウンターの内側では店主が注文に合わせてたれやスープなどを加えながらそれぞれの汁を作成していきます。
 その手さばきの鮮やかなこと!!
 思わずボーッと眺めてしまいました。もしかしたら口が開いてたかも^^;
 とても澄んだつけ汁に細切りのチャーシューとたっぷりのねぎ。風味と香りの良さを感じました。
 そして麺は中太のちぢれ麺・・・になるのかしら。自家製麺なのだそうです。
 とてもコシがあってツルッとした感じが口の中で気持ち良かったですね。
 麺をつけていただいてみるとつけ汁がからんで良いお味。
 今までにもつけ麺を数回いただいたことはあったけれど、どれもしっくりしなくて汁に麺をすべて放り込みたくなるぐらいだったのに、樹(たつのき)のつけ麺は違いました。
 麺とつけ汁の割合が絶妙なんでしょうね。
 麺の水きりが効いているので濃い目のつけ汁は最後まで濃い目。汁を最後まで飲みきるにはスープ割をお願いするのがいいようですね。
 後から後からいらっしゃるお客さんを見ながらのんびりという訳にはいかなかったので、今日はつけ汁は残してご馳走さま。

 店主を中心としたほんわかとした家族経営も垣間見えて、ラーメンの味だけでなくとても気持のよい時間を過ごすことができました。

 今回は妹のお友達に「美味しいラーメン屋さんがあるよ」と誘われて出掛けたのだけど、ネット検索をかけてみると実に評価の高いラーメン屋なんですね。
 次はブログに書かれていることの多い塩ラーメンをいただいてみたいですね。

めん処 樹(たつのき)
横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17
TEL:090-2200-8431
OPEN:火~金 11:30~14:30(L/O) 18:00~21:00(L/O)
    土、日、祝11:30~15:00(L/O) 18:00~21:00(L/O)
    ※材料なくなり次第終了  月定休(祝の場合翌日)

|

« ゲリラ豪雨 | トップページ | ブログ通信簿 »

コメント

先日の洋梨の缶詰を使いしデニッシュの写真の現れる日を拙者密かにブログを通して待っておる。そちも嫌だとは思うがこれも縁と諦め、濱皇に参りし折には髭面の管理栄養士のご同行を許されよ

投稿: 妹の友達 | 2008年9月 8日 (月) 15時30分

妹の友達さん。
まずデニッシュ生地を作るところから始めないといけないんですね。・・・けっこう面倒^^;
洋梨の缶詰、コンポートとかルセットとかにしてみようかな。デザート系。
濱皇は楽しみにしています。ぜひ4人で!!

投稿: くるみ | 2008年9月 9日 (火) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/42408197

この記事へのトラックバック一覧です: 【横浜・天王町】めん処 樹(たつのき):

« ゲリラ豪雨 | トップページ | ブログ通信簿 »