« ドクターヘリとドクターカー | トップページ | 篤姫トークショー NHKニュースに »

2008年7月25日 (金)

【横浜・関内】割烹蒲焼 わかな

003 
 夏だ!暑気払いにウナギを食べに行こう!!

 と言うことで、看護師仲間の友達と都合のあったのがたまたま今日。
 本当は金沢文庫方面の鰻屋さんに行く予定が、昨日が土用鰻だったこともあり今日は臨時休業するとかであわてて行き先変更。

 3年前に訪れた、明治5年創業の横浜では老舗の割烹蒲焼わかなでいただくこととなりました。

 11時にJR関内駅で待ち合わせてその足でお店に。
 JR根岸線の高架脇を道沿いに桜木町方面へ。
 馬車道を通り過ぎてすぐにあります。

 自動ドアを入って2Fに上がるとテーブル席が並んでいます。
 11時オープンなのに、すでに4人席は数席を残すのみ。
 ひとりで来店しているサラリーマン風の方もちらほら。
 そして、12時を過ぎる頃には階段に行列が。。。
 2F席は予約受付をしていないので、行列に並ぶしかないんだそうです。

002 
 今日いただいたのは、うな丼(2,310円)と肝吸い(367円)。
 硬めのごはんの上にふっくらとした蒲焼。
 タレはダクダクとかかっている訳ではないけれど、私にとっては味・量ともちょうど良く、鰻、タレ、お米それぞれの味がしっかり感じるところがこちらのうな丼の好きなところ。
 削り山椒を振りかけて香りを楽しみながら完食。
 美味しくいただきました(^^)

 肝吸いはダシの効いた汁もさることながら、苦味の残る肝の風味も美味しい。

 ゆっくり味わいながら友達とのおしゃべり。
 味を知っているからこそ安心していただける場所。それがわかなです。

 こういう機会がないとなかなか鰻を外でいただくことはないけれど、家でいただくのとはまた違った雰囲気でいいですね。
 気持も満足お腹もいっぱい!!
 御馳走さまでした(^^)

割烹蒲焼わかな
横浜市中区港町5-20
TEL:045-681-1404
OPEN:11:00~21:00(L/O9:00) 定休は月毎不定

|

« ドクターヘリとドクターカー | トップページ | 篤姫トークショー NHKニュースに »

コメント

くぅ~、私も土用の丑の日の由来にちなみ、ウナギではなく、うどんをいただきますなぁ。。。

投稿: 乙さん | 2008年7月26日 (土) 06時20分

乙さん。
土用丑の日にうどんなんですか?
初耳です!!

投稿: くるみ | 2008年7月26日 (土) 22時36分

 その昔、「丑(うし)の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承をヒントに、売れない鰻屋から商売繁盛のコツを求められた物知りの平賀源内が、丑の日に「う」の字がつくウナギを売れば繁盛する、とアドバイスしたことが由来のようでするなぁ。。。
 この民間伝承をそのまま流用すれば、「うなぎ」だけではなく、「うどん」「うまき」「潮汁」「うるめいわし」「梅干」でもなんでもいいのでしょうなぁ。。。
 貧乏サラリーマンの小生としては、うどん、がもっとも適した食物ですなぁ。。。

投稿: 乙さん | 2008年7月27日 (日) 09時20分

乙さん。
おーーーっ、そうだったんですか!!
「う」が付くものを食べればよかったんですね。
それを鰻にしちゃったところ、バレンタインに通じるものを感じました(笑)

投稿: くるみ | 2008年7月27日 (日) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/41969136

この記事へのトラックバック一覧です: 【横浜・関内】割烹蒲焼 わかな:

« ドクターヘリとドクターカー | トップページ | 篤姫トークショー NHKニュースに »