« 【ドグスポ】ドッグスポーツジャーナル | トップページ | 【ベルメゾン】6月感謝ウィーク »

2008年6月10日 (火)

【ドグスポ】ルモンドドッグスクールでアジ練

004 
 みると一緒に、久々にルモンドドッグスクールでアジリティの練習をしてきました♪

 ご無沙汰加減は昨日書いたとおり。
 厚木のフィールドに来たのはいつぶりになるのかな~
 周囲の道路があまりにもきれいになってしまっていて、かえって解りにくくて迷ってしまったけれど、なんとかたどり着くこともできました(^.^)

 ルモンドのフィールドは中津川のふもと、厚木市中心部からそれほど離れていないけれど、とても静かな場所にあります。
 土地面積は700坪。
 しっかり2面取れる広いフィールドに、1面はJP(ジャンピング)用、もう1面にAG(アジリティ)用コースが常に設けられているんです。

 ルモンドの開設時は瀬谷で、道具はほとんど手作り。
 それが少しバージョンアップして相模原の芹沢公園→芹沢公園近くの土地→座間→宇奈根→平塚・・・
 タッチ障害はその都度組み立ててはしまい、組み立ててはしまい。けっこうな重労働がともなっていたんですよね。

 そんなこんなで、先生と一緒にあちこち渡り歩いてきた私にとっては、「ちゃんとしたフィールドがあるっていいなー」ってやっぱり思ってしまいます。
 場所的には、我が家からはどんどん離れて行っちゃってるんですけどね(>_<)
 でも、わざわざ東京や埼玉から通われている方もいらっしゃると思えば、1時間半は恵まれていますね。

002 
 50分のプライベートレッスンで、今日はJPレベルを1パターン(障害13個)2走。
 AGレベルを2パターン、障害13個を2走と、障害14個を1走。

 みるも10歳なので、ハードルは45cmミディアムクラスサイズにバーダウンして行いました。

 とにかく「楽しく遊ぶ。体力維持のため。」目的で!

 先生もはじめは、10歳か~っておっしゃってたけれど、みるの意欲にはびっくりされていました。
 それぐらい、楽しそうにハードルを飛んでたし、先に先に・・・って気持ちが入ってて、ハンドラーの私のほうが息切れしちゃいました^^;

 相当久し振りだったのに、スラロームをぬけずに入ったのには驚いちゃいました。
 『昔取った杵柄』という言葉は犬も共通なのかな?(笑)

 ハンドリングについては、
 「3年前はクラッピングしてたんですが、最近はしてないんです。人が動かなくて待っていれば自然と犬が寄ってくるので大丈夫なんです。」
 とのこと。
 直そうとしても身体にしみ込んだものはなかなか直せないものですね。
 気がついたら手を叩いちゃってて先生に何度注意されたことか^^;
 バックスイッチにフロントスイッチ。
 足が何度ももつれそうになりました。
 体力の衰えを感じましたね~

 ★昔のアジリティの日記・記録については→こちら

 みるはと言えば、シーソーは忘れちゃってたみたいで、思い切り走って先が降りたときにはびっくりしたみたい。
 昔みたいにピョーンと飛んじゃうことはさすがになかったけれど、泳いじゃってましたね。
 でも1回経験したらすぐに理解できたみたいで、次のときはちゃんと止まれてましたね。
 ハードルは、先生のおっしゃる通り45cmがベストのよう。

 「みるちゃんは、昔はとてもきれいな跳び方をしてたんですが、やっぱり年のせいか形がかわりましたね。」と。
 ・・・確かに昔のみるのジャンプは無駄に高かったと言うか、とにかく高くてきれいなジャンプだったんです(^^)

 アジリティはハードルが多いので、60cmでも1本目は跳べるけれど2本目以降だんだん体力が落ちてきて、そのうち跳ぶのが嫌になってしまうのだそうです。
 この年でやっているのだから、「失敗しても褒めることが大事!」なんですって。

 競技会に出ることを目的とするアジリティも楽しかったけれど、みると一緒に楽しむアジリティもなかなか楽しかったです(^^)
 どちらかと言うと今のほうがみるとの息もピッタリ合って楽しいかな~

 今度は13日。
 ゆっくりのんびり。。。でもますます正確に。
 これからも楽しんでいきたいですね。

|

« 【ドグスポ】ドッグスポーツジャーナル | トップページ | 【ベルメゾン】6月感謝ウィーク »

コメント

くるみさんへ
みるちゃん、相変わらずかわいいですね〜。*^^*
お顔を拝見して、何だかホッとしました。
アジリティまで出来るなんて、元気でなによりです!
大変ご無沙汰していて、覚えていらっしゃるかわかりませんが、
黒ラブのジョディの飼い主、yakoです。
じつは、突然こんなご報告、大変失礼かと悩んだのですが、
5月31日にジョディが空へ駈けて行ってしまいました。
でも、どうしてもひとことくるみさんにお礼をいいたくて
こちらにおじゃまいたしました。(__)
以前、アジリティの大会(お台場)でくるみさんに撮って頂いた写真が
私の一番のお気に入りになっていて、とても大切な宝物なんです。
あの時のあの瞬間を写真に残してくれたくるみさんに、
とにかく感謝の気持ちがいっぱいで…。
とってもとっても素敵に撮ってくれて、本当に本当にありがとう。
ありがとうございました。
みるちゃん、元気で長生きしてくださいね。
くるみさんもお身体大切になさってください。
アジリティをふたりでいっぱいいっぱい楽しんでくださいね☆
それでは、また。
こちらのブログ、私もご近所なのでいろいろ情報が参考になりまーす!(^^)

投稿: yako | 2008年6月12日 (木) 12時37分

yakoさん。
とってもご無沙汰です。
昔はアジリティやフリスビーなど、ドッグスポーツに明け暮れる日々だったのですが、ここ数年はまったくのご無沙汰で、犬関係の方とは縁遠く過ごしておりました。

ジョディちゃんのこと、ショックです。
お☆様になってしまったんですね。
私にはあのお台場の時の姿が頭に残っていることもあって、コメントを読みながら涙がこぼれてしまいました。
今回アジリティのことを書くにあたって、練習のこと大会のこと、昔のHPの記録を見ながら「yakoさんとジョディちゃんどうしているかな」と思っていたところだったので余計に。。。
何度見てもyakoさんとジョディちゃんの息の合ったカメラ目線がとっても素敵な写真。
きっと今でも、お空の上からじーっと真っ直ぐこちらを見てくれていることでしょう。
yakoさん、力を落とされていることと思いますが体調は崩されていませんか?
お体大切にしてくださいね。
ジョディちゃんのご冥福をお祈りいたします。

ぜひまた遊びにいらしてくださいね。

投稿: くるみ | 2008年6月12日 (木) 16時53分

くるみさん、ありがとう。ありがとう。ジョディもきっと喜んでいます♪
今はまだ涙が溢れてとまらなくなってしまう時もあるけれど、
少しずつ、ゆっくりのんびりこんな自分を受け入れながら、
元気を取り戻したいと思っています。また遊びにきますね。

投稿: yako | 2008年6月13日 (金) 11時12分

yakoさん。
ジョディちゃんの素敵な笑顔がずっと私の心の中にあります(^^)
泣きたいときは押さえないでいっぱい泣いてくださいね。
yakoさんの涙、空の上のジョディちゃんにきっと届いていると思いますよ。
いつの日かゆっくりと昔話でもしましょうね。

投稿: くるみ | 2008年6月14日 (土) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ドグスポ】ルモンドドッグスクールでアジ練:

« 【ドグスポ】ドッグスポーツジャーナル | トップページ | 【ベルメゾン】6月感謝ウィーク »