« 元祖神戸コロッケのライスコロッケ | トップページ | ふたご座流星群 その後のお話 »

2007年12月14日 (金)

ふたご座流星群

 ニュースでもワイドショーでも、今日はふたご座流星群のことが話題になっていましたね。

 ふたご座流星群は、毎年12月14日ごろを中心に活動している流星群だそうで、今年はおおよそ14日夜から15日明け方(日本時間)にかけて最も多くの流星が出現するだろうと予想されているとのこと。
 まさに今夜!ですね(^^)

 とくに今年は、月の入りが14日の21時頃・・・まさに今頃。
 「月明かりの影響なく観察できることで、暗い流星でも見えやすくなる」ということでかなり期待できるみたい。
 明け方3時からの1時間には80個もの流星が予測されているとか!
 東の空に赤く大きく光る火星の辺り、オリオン座の左下付近にあるのがふたご座なのだけど、流星は四方八方に流れるので凝視していなくても大丈夫なのだそうです。
 願掛け放題ですね~♪
 まあ、だれが決めたのか、1回にお願いできるのは3つまでらしいですよ。

 天体ショーももちろんだけど、こんな素敵な機会を逃す手はありません(笑)
 何をお願いしようか考えながらひと眠り。
 目覚まし掛けてがんばって3時前には起きてみようと思っています。
 まず寝る前に一度屋上に上って星空観察。
 夕方の雲はもう切れているかしら。

 ふたご座流星群については横浜こども科学館のページへ。
 国立天文台などのページにもリンクされているので、いろんな情報が取れますよ♪
 まずは下調べからですね(^^)

|

« 元祖神戸コロッケのライスコロッケ | トップページ | ふたご座流星群 その後のお話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/17367485

この記事へのトラックバック一覧です: ふたご座流星群:

« 元祖神戸コロッケのライスコロッケ | トップページ | ふたご座流星群 その後のお話 »