« お正月の準備 | トップページ | 2008年 元旦 »

2007年12月31日 (月)

2007年の大晦日

 1年が終わってしまうとは思えないのですが、今日は大晦日なんですね。

 私の大晦日は、だいたいお節を作って年越し蕎麦を食べながら紅白を見る。。。
 昔ながらの生活です。
 今年も仕事が休みだったので、例年通りの一日を過ごしています。

 ちょっと違ったのは妹の友達が来てローストビーフを作って行ったことかな~

006 クリスマスに作ってくれて、新年は妹が作ることになっていたのだけど、私以上に料理をしない妹なので、見るに見かねてほとんど作って行ってくれたという^^;

 チリビーンズも作ってくれたので、私の明日のお昼のお弁当に持って行く予定。
 ありがとね~(^^)

008009

 久々に庭に出てみると、お正月の縁起物、万両と千両がきれいな実を付けてくれていました。
 千両は株を買ってきて植えたものだけど、万両は、大船にある常楽寺さんの境内にあった紅白の万両の実をいただいてきて芽を出したもの。
 学問の神様である常楽寺さんの万両に見守られていると思うと、卒業研究がんばらないとなーと思ってしまいます。
 千両の下に植わっている水仙の花が咲いてくれるとますます華やかになりそうです。

 妹の友人が帰った後は、おせち料理作りに専念。
 専念・・・と言っても、NHKの「風林火山」を横目で見ながらですけれど^/^

015≪栗きんとん≫
 1.さつまいもを剥いて耐熱ボウルに入れる。
 2.水を入れてレンジで煮る。
 3.くしが通ったら水を捨て、フォークでつぶす。
 4.砂糖、みりん、塩を入れてレンジでチン。
 5.混ぜたら再度レンジでチン。
 6.栗の甘露煮と甘露煮の汁を入れて混ぜる。
 7.トロみがついてなければレンジでチン。

 以上の手順で手早く出来あがり。
 さつまいもの皮の部分、栗きんとんを作る時は分厚く切るのでかなりもったいないので、毎年きんぴらを作っています。
 けっこうおつまみにいいんです♪

016≪伊達巻き≫
 1.卵、はんぺん、砂糖、みりんをフードプロセッサーに入れてなめらかになるまで攪拌する。
 2.テフロン加工のフライパンに薄く油を敷く。
 3. 1.をフライパンに入れて蓋をして弱火で10分。
 4.くしを刺してくっついてこなければ裏返す。
 5.2~3分焼いて巻きすにあげる。
 6.巻きやすいように切り込みを入れて巻いてゴムで止めて冷やす。

 こちらも簡単な料理です。

017≪黒豆≫
 1.砂糖、しょうゆ、塩を入れた水に黒豆を入れて一晩吸水させる。
 2.ガーゼなど落としブタを載せフタを斜めにかけて火にかける。
 3.沸騰したら弱火にして4~5時間。
 4.火を止めフタをしたまま置き味を含ませる。

 錆びたくぎなどで色止めしなかったので、うっすら色が残っているぐらいになってしまいました。
 でも、ふっくらとして美味しい物が出来あがって満足(^^)

 これからなますをどうしようか考え中なの。

 あっ、年越しそばが届いたみたい。
 これから夕食食べてきます。

 本年度は、パソコンを新しくして少しはコンスタントにブログ更新することができました。
 そしてブログを更新しようという思いが湧くのも、遊びに来てくださるみなさまがたのおかげです。
 来年もがんばって更新したいと思いますので、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

|

« お正月の準備 | トップページ | 2008年 元旦 »

コメント

時々しかコメントを残せないのですが、毎回見ていますよ。
頑張る人がいるんだ、と我が身にひきつけていつも拝見しています。
ぶじ大学卒業できるとよいですね。
来年もよろしく。

投稿: ひろし | 2007年12月31日 (月) 22時31分

ひろしさん。
昨年は、ひろしさんのコメントとブログの写真を見ながら、舞岡公園には足蹴く通いたいと思っているもののなかなか行けずじまいでした。
市のたよりで舞岡公園のイベントも毎回チェックしてるのですが、仕事の都合がつかずがっかりすること続きです。
特に「親子体験」面白そうで、対象外の私はう~む(ーー;)とうなってます。
今年は収穫祭には行けるように調整したいと思っています。
舞岡公園のレア情報など教えていただけると嬉しいです。
今年もよろしくお願いします。

投稿: くるみ | 2008年1月 1日 (火) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/17535438

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年の大晦日:

« お正月の準備 | トップページ | 2008年 元旦 »