« 秋晴れを屋上で | トップページ | バツの悪さ »

2007年11月 5日 (月)

ニチアス耐火偽装。。。その後の対応

002

 もちろん、当事者のニチアスからは音沙汰ありません。
 まっ、いろいろと大変でそれどころではないというか、被害者個々への情報を持ってないというか、謝罪すら考えてもいないような気がしますが。

 旭化成ホームズから、今日一通の封書が届きました。
 代表取締役社長の名でのお詫び状です。

 インターネットでも流されている情報ですが、とても誠意のある内容です。
 「耐火等級の最高等級4」の基準を満たしていないということで、火災保険にも影響を及ぼしている訳ですが、火災保険の取り扱いについても、旭化成ホームズの方で損害保険会社との交渉を開始し、今回の問題により私達ユーザーが不利益を被らないように対処してくださることのこと。
 私の場合、火災保険も地震保険も、旭化成さんを通してお願いしていたので、「大丈夫だろう」ってのん気にかまえてたのですが、これで安心された方も多いかもしれませんね。

 またあらためて説明をいただけるとのことなので、静観したいと思います。

|

« 秋晴れを屋上で | トップページ | バツの悪さ »

コメント

 旭化成さん、やっぱりいい会社なんですね~。ニチアスってひどいかも。そもそもやっていること自体が不誠実だしね。

 まさか自分が被害者になるとは思ってないものですよね。

 偽造といえば「赤福」は大好きで食べる機会が多かったので、がっかり。「白い恋人」もだわ。

 ただ食品の偽造と違ってニチアスは悪質。家は人生で一番高い買い物なので、許せない気持ちになって当たり前だと思います。

投稿: あや | 2007年11月 6日 (火) 13時25分

あやさん。
今度は東洋ゴムの断熱壁の偽装が出てきましたね。
食品も「白い恋人」が出てから「赤福」「比内地鶏」など、次々に偽造が発覚したけれど、建物関係でも次々と発覚してくるかもしれませんね。

ホント何を信じて良いのか解らない世の中ですね。

投稿: くるみ | 2007年11月 6日 (火) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニチアス耐火偽装。。。その後の対応:

« 秋晴れを屋上で | トップページ | バツの悪さ »