« ニチヤス軒天耐火偽装 | トップページ | 【産能】『人材マネジメントの考え方』BVスクーリング »

2007年11月 1日 (木)

【沖縄】3泊4日沖縄の旅その3

【3日目】
172 さてさて、3日目は私のわがままでちゅら海水族館へ。
 沖縄本島北部へのドライブです。
174 ICを下りて、途中コンビニでちゅら海水族館のチケットを購入。
 大人1,800円のチケットが1,620円で買えちゃうんです。
 あちこちのコンビニで「ちゅら海水族館の割引チケット」って表示が出ているので、予定があるならコンビニ利用というのがいいのかも♪
 そして、コンビニで一緒に購入したのがさんぴん茶。
 沖縄でお茶と言えば、さんぴん茶!
 ジャスミンティーです(^^)
 うちなーんちゅのいとこのご主人曰く、ペットボトルを各社出しているけれど一番おいしいのはポッカなんですって。
 たまたま買ったのがポッカだったので、記念にパチリ。
 私としては帰りの飛行場で買ったペプシの方が美味しく思えたわ^/^
 やっぱり人それぞれ好き好きなんですね~
180  途中、瀬底島に渡る橋の横を通過。
 と、この頃には11時近く。
 ちゅら海水族館まではあともう少しの場所ではあったけれど、いとこは私を古宇利島に連れて行きたかったらしく、午前中の海の方が色がきれいだからと方向転換。
184 食事でお店に入ると時間がなくなる・・・とのことで、ご飯を調達して古宇利島でいただくことに決定!
 沖縄でメジャーなファーストフードのA&Wのドライブスルーでコンボセットを買いました(^^)
 若干出てくるのに時間がかかったのは、やっぱり土地柄なのかな。
185_2 本部町から名護市へ。
 伊豆味という地名に目が行ったのは、みかんの産地と書いてあったから。
 観光農園もあったりして、静岡の伊豆と何か接点があるのかな?と疑問が。
 それにしてもちょっと雲行きがアヤシクなってきましたよ。
186_2 遠回りになっちゃったけれど、奥武島から屋我地島を経由して古宇利島に到着~!!
 うわぁ~きれいーー♪
 屋我地島から古宇利島にかかる古宇利大橋の両脇の海はとってもきれいなエメラルドグリーンで、真っ白な砂浜と木々の緑が浮かび上がっています。
 この景色は必見ですね。190
 橋を渡ってすぐに無料駐車場があるんですけど、ほとんどがレンタカー。
 観光バスも来たりして、観光客でとっても賑やか。
 でも、観光客のマナーの悪さにはがっかりしました。
 「ゴミは持ち帰り」の看板や張り紙があっても、缶コーヒーの缶が6個まとめて置き去りにされていたり、お弁当のゴミが散乱していたり。
 きれいな場所をきれいなままにしておくというのは難しいのでしょうか。。。196
 そして、古宇利島の海。
 日の光を浴びた海の色の何と素敵なこと。
 晴れた日の午前中に行きたい・・・というのも納得です。
194 白い砂浜に打ち上げられるのは、サンゴに貝。
 波はとても穏やかで癒される空間。
 なんと、古宇利島には、アダムとイブの物語にそっくりな神話があるそうで、別名フイ島(恋島または越島)とも呼ばれているんですって。
207 駐車場から海への間にはちょっとした特産物売り場や食べ物ショップもあり。
210 角度的に海を見ながらというわけにはいかなかったけれど、美味しい空気を吸いながら買ってきたハンバーガーにポテト、ホットコーヒーをいただきました。
215_2 目の前にはアオスジアゲハが。
 本州以南から琉球列島、台湾、東南アジアに分布する蝶です。
 また祖母が遊びに来てくれていたのかもしれません。
217 なんだかんだと小一時間ぐらいいたかしらね~
 ちゅら海水族館が待っているので、島めぐりはせず、雲が増えてきたけれどまだまだ日差しの強い古宇利島を後にしたのでした。
 気持ち良かったー!!

221 今帰仁村を北回りにぐるっとちゅら海水族館に向かって走ったのだけど、通る道がなんとなく甲斐大泉~小泉、清里付近に似ているんですよね。
 不思議だなーと思っていたら、更に数多くギャラリーがあるのもそっくりでびっくり。
 何か感じるものや雰囲気ってあるのでしょうか。
224 いとこに紹介されて立ち寄ったのは、手作り家具と雑貨お店おもしろもんちゅうまと、アクセサリーと雑貨のお店HUALI
 雑貨類が好きだから、ついつい買っちゃうんですよね^^;
 おもしろもんちゅうまでは、手作り布製コースターと琉球松で作ったストラップを。
 HUALIでは淡水パールのネックレスを購入しました。

292_3 寄り道をしながら、ようやく念願のちゅら海水族館に到着(^^)
 沖縄海洋博の折に作られた場所なので、海との調和がとても素敵な場所にありました。
262_2 何といってもこちらの名物は世界一を誇る巨大アクリルパネルの水槽。
 厚さ60cmのアクリル板で支えられる水槽は、その大きさ中にいる魚たちのスケールの大きさにただただ感動!
275 水の中を悠々と泳ぎまわるジンベエザメとオニトマキエイの姿は圧巻でした。

 15時を回ってしまったので、帰宅の途へ。
 途中、まぶしい日差しに疲れてしまったのもあって、うつらうつら寝てしまいました。
 運転手さんには悪かったなーという思いと、久々に助手席というのもいいものだ。。。なんて思いも^/^
 半日以上かけてのお気楽なやんばるドライブに感謝。

306 家に帰って今度はさっそく夕食に行く支度。
 今日は石畳近くの沖縄料理のお店に連れて行ってくれるとのこと。
 前回の沖縄旅行では、首里城には行けたけれどその周りは全然歩くこともできなかったので、石畳を歩くことができたのは感動。
 母方の祖父が沖縄師範学校卒、祖母が沖縄女子師範学校卒なので、昔、通学でよく歩いいてたという話を聞いていたんです。
 若いころの祖父母を思い、なんとなくこみあげてくるものを感じました。

321  夕食はとても素朴であって豪華な、おばあおじいの作る沖縄郷土料理。
 
 本当はとっても紹介したいところなのだけど、連れて来てくれたいとこのご主人から、「あんまり書かないでやってね。そういうお店のスタンスじゃないから」って釘を刺されたので書けません(泣)
 まあ、ブログでも書いていらっしゃる方がいるので、調べれば出てくるとは思いますが、とにかく美味しい上に量が多くお腹いっぱいになります。
 ・・・さいごのグルクンの唐揚げは、いろんな意味で泣けます。
316 
 そして飲み放題のコースであれば、カメから泡盛をすくい放題飲むことができる、と~っても幸せなお店です。



 沖縄の旅も残すはあと1日。
 早い便で取っちゃったの失敗だったかな。
 今日も満喫した一日でした。

|

« ニチヤス軒天耐火偽装 | トップページ | 【産能】『人材マネジメントの考え方』BVスクーリング »

コメント

沖縄の海はやっぱりきれいですね♪1回でもい
いから実際に見てみたいなー。記事にもありま
すけどやっぱりゴミはきちんと処理してほしい
ですよね。ゴミ箱とか捨てるとこはいくらでも
あるんだし。常識ですよね。
それにしても水族館はすごいですね!その辺の
水族館にはいない魚とかもいたのでは。。機会
があったら行ってみますね。

投稿: キム | 2007年11月 2日 (金) 00時54分

キムさん。
沖縄の海は本当にきれい!
空の上から海が見えただけで、ワクワク感が湧いてきちゃいます♪
水族館も自然も食べ物も。。。素敵なものがいっぱいの沖縄に、ぜひ行ってみてね(^^)

古宇利島の駐車場、はじめからなのか途中で撤去したのかゴミ箱がないんです。
それでも「持って帰ってください」って書かれてたら持って帰るのがマナーですよね。
素敵な海を見て気が大きくなっちゃうのかな?
「きれいなものをきれいなままにしておきたい」という心を忘れたくないですね。

投稿: くるみ | 2007年11月 4日 (日) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/16913982

この記事へのトラックバック一覧です: 【沖縄】3泊4日沖縄の旅その3:

« ニチヤス軒天耐火偽装 | トップページ | 【産能】『人材マネジメントの考え方』BVスクーリング »