« KA・RA・DA-club Station | トップページ | 千趣会ドリームBOX 2007年秋 »

2007年10月 4日 (木)

【産能】卒研&卒業に向けて

 昨日に引き続き、今日もレポートを1通仕上げました。
 これで『社会福祉を考える』のレポートは提出済み。
 提出用シールが見当たらなくて昨日は焦ったけれど、おかげさまで今朝早々に見つかりました。
 12月に科目修得試験を受けるための最終レポート提出日は10/15。
 これから『コーチングの考え方と実践』のレポートに取りかかります。

 ところで、卒研のスケジュールまだ作ってません^^;
 明日は資料集めに国会図書館に行ってきますが。。。
 しばらくは資料の読み込みといったところですね。
 卒研の要綱をもう一度読んでどのぐらいのペースで動けばいいのか考えないと。
 それと研究レポートの書き方の勉強を。
 明日東京に出たら丸善で卒業研究の進め方の本を購入してこようと思っています。

 そうだ、忘れないうちにメモっとこう。

 今日隣の病棟にいる先輩と、現任教育の話から看護師の離職についての話になりました。
 やっぱり一言目に「お金」にはなってしまうのは仕方ないですね。
 常に職場で直面している重責。
 そこから受けるストレスに見合ったものがないのは確か。
 それで離職率が高いのもひとつです。
 でも、「それだけではないよねー」と。

 育児で職場を離れなければならない女性としての事情やキャリアアップの面。
 それと、院内でも、毎日が超勤で忙しくて大変な病棟なんだけど、辞める人がおらず「ずっとこの病棟にいたい」と言う人ばかりという病棟があるんですね。
 脳外科と神経内科の混合病棟のお話なんですが、それは何故か。
 自分たちのやりたいことを先生がやらせてくれているらしいんです。
 先生が看護師の案を奨励してくれてるらしいんですね。
 自分たちのやっていることを評価してくれる人がいる。自分たちに任されている部分がある。
 ・・・これってかなりモチベーション上がると思いませんか?
 やりがいです。
 それと、実際脳外の患者さんを看ているとだんだん良くなるのが実感できるのが嬉しいんですよね。
 癌患者さんが多く、終末期医療を強いられることの多い病院としてはケアして良くなるのを目の当たりにできるのは幸せなこと。
 裏を返せば終末期医療の場ではバーンアウトを起こしてしまうことが多いのかなとも考えられますよね。

 つい自分の研究にあてはめてイケルじゃん!って思ってしまったんです(笑)
 これを立証していくための資料を集めなくちゃいけないんですけどね。
 まあ、誰もが思うことだから今までやっててもどうにもなってないというのものなんでしょうけれど。
 何とか早期離職防止の切り口を見つけることができるといいなと思っています。

 さて、明日は何時に出かけようかなー。
 電車で・・・を目指そうと思います。

|

« KA・RA・DA-club Station | トップページ | 千趣会ドリームBOX 2007年秋 »

コメント

 おはようございます♪
 私も卒研のスケジュール作ってません。気持ちはかなり焦っているのだけど。そうそう。論文の書き方も相当悩んでいます。明日から3連休なのでじっくり取り組む予定。いつもお休みはだらだらになりがちなので、今回は気を引き締めないとね~。

投稿: あや | 2007年10月 5日 (金) 08時31分

あやさん。
気持ちは焦るけど進まない気持ち。。。同じだわ。
私の休みは明日までなので、何とか明日にはスケジュール提出しようと思っています。
論文の書き方はね、今日2冊ほど本を買い込んできました。
後で項目立てして紹介しますね~
ひとまずはスケジュール、お互いにがんばりましょう!!

投稿: くるみ | 2007年10月 5日 (金) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【産能】卒研&卒業に向けて:

« KA・RA・DA-club Station | トップページ | 千趣会ドリームBOX 2007年秋 »