« 【横浜・港南台】おふろの王様 港南台店 | トップページ | 一六本舗の一六タルト »

2007年9月 6日 (木)

【横浜・戸塚】舞岡ふるさと村

002_3


 我が家からほど近い舞岡公園のさらに北側に広がる舞岡ふるさと村。
 都会化される横浜にあって、農村風景が守られている自然豊かな場所です。

 さて今日は、今書店に並べられている横浜Walkerに「浜なし」の話題が載っていたのがきっかけで、どうしても食べたくなって、市営地下鉄舞岡駅(バス停では道岐橋)近くの舞岡やに出かけてきました。

 車で行けば我が家から5分。
 本当に近いところです。

001 地元の農産物はもちろん、各地JAから直送された新鮮なお野菜がたくさん。
 10:30を回ってから行ったので、だいぶ野菜がなくなってました。
 それでもオクラ(150円)、大葉(100円)、生落花生(500g250円)を購入。
 7:30オープンなので朝早く行くのがいいのかもしれませんね。

010 落花生はお店の方にゆで方を聞いてただいま塩ゆで中。
 ゆで落花生って好物なんですよね~
 今が季節らしくて毎日入荷が見込めるそう。
 おいしかったらまた買いに行こうと思っています。

003 そして、隣にあるのがハム工房。
 地元の肉や、加工品、肉を使った揚げ物、お弁当などが所狭しと置かれています。

004 コロッケ(1個120円)を購入。
 栄養のために衣に胡麻を付けて揚げているのだそう。
 006
 カラッと揚がった衣に胡麻の風味が加わって美味しい。
 そして、中のじゃがいもも地元のものを使っているのかしら。
 大きめのコロッケの中身はしっとりなめらかで、とうもろこしと肉の味もからまった感じが味わい深く、1個だけでも満足感が得られました。

007_2 そして念願の「浜なし」です。
 「浜なし」とは、品種名ではなく横浜市内で採れた梨の総称。
 収穫量も少なく、小売店に出回ることもないので希少価値があるんです。

 買った品種は「新星」(2kg1,250円)。
 私はハム工房に置いてある物を購入したのですが、舞岡やの方には「豊水(1,000円)」「秀玉(1,300円)」が置かれていました。

 我が家から舞岡やまでの道のりにも直売している農家が2件。
 駐車スペースの関係でこちらの直売所まで来てしまったのですが、舞岡公園をぷらぷら散歩しがてら直売農家に立ち寄ってみるのも楽しいかもしれません。

009 この「新星」、包丁を入れた瞬間から果汁が。。。
 とても果汁たっぷりの品種のようです。
 ざらっとした感じが昔懐かしい梨を思い出させます。
 りんごのような形をしていて、人気の「豊水」よりも酸味が少ないのが特徴のようです。

 実際いただいてみると、甘くて後から来るさらっとした酸味。
 味に主張はないけれど、果汁たっぷりでジューシーなところがこの梨のいいところなのではないかしら。
 私は好きですね~

 昨日の軽井沢のとうもろこしと言い、野菜の持つ豊かな味、自然の恵みが私にとって一番のグルメ。
 年に数回いろんなイベントもあるそうです。
 年末には年始用の野菜が数多く並べられるとか。。。
 今年の年末は散歩がてらゆっくり訪れてみたいと思ったのでした。

舞岡ふるさと村 虹の家

舞岡や
横浜市戸塚区舞岡町776
TEL:045-824-0075
OPEN:7:30~12:00 土日祝は14:00まで 火曜定休

ハム工房まいおか
横浜市戸塚区舞岡町777
TEL:045-822-5789
OPEN:9:30~17:30 定休 火曜・第3月曜

|

« 【横浜・港南台】おふろの王様 港南台店 | トップページ | 一六本舗の一六タルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116408/16360328

この記事へのトラックバック一覧です: 【横浜・戸塚】舞岡ふるさと村:

« 【横浜・港南台】おふろの王様 港南台店 | トップページ | 一六本舗の一六タルト »