« レバーチップ | トップページ | さっそく »

2006年2月13日 (月)

レトリーブコンペinつくば

lab3  サーチングのジャッジに東京税関で麻薬犬関連のお仕事をされていた方を迎え、つくば市のくきざきドッグスポーツパークにて第1回のレトリーブコンペが行われました。

参加頭数30。
ほとんどがラブラドールだったけれど、ゴールデン、G・シェパード、パピヨンの参加もあり、とても和やかな雰囲気。
お天気は良かったけれど、途中から年に2~3回吹くか吹かないかの筑波おろしにみまわれながらも、個性を発揮しながら人も犬もがんばりました。

今回のコンペで一番に感じたのは、犬の特性は嗅覚にあり
ブラインドサーチングは嵐の中で行われると言う事もあり、見せておいても可ということになったにもかかわらず、すぐそこに物品があってもまったく解らず通り過ぎる犬が続出。
「近くにありそう」と、障害のステーションワゴンに飛び乗って屋根の上まで探していた犬の執念は圧巻!
コレが犬本来の捜索意欲なのかもしれませんね。

どの種目も犬の素の姿が見えて面白かったな。
みるはテンション低いのがバレバレ~
私のテンションにシンクロしちゃうのが悩みの種。
次回のコンペに向けて少しは進化させないと・・・

それにしても、H.ハイフィールドの犬の性能はいつ見てもホレボレ。
目的をもってブリードされている犬は違います。

  ★以前のレトリーブ大会・日記は→こちら

|

« レバーチップ | トップページ | さっそく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レトリーブコンペinつくば:

« レバーチップ | トップページ | さっそく »